スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄--(--) --:--   スポンサー広告 | | | ↑Top
「ジュリエットからの手紙」の効用


9月の半ばというのに、このジリジリとした暑さ!
8月の真夏の暑さとも違う、まとわりつくような粘っこい?暑さ、というか。

本当に残暑厳しい日が続いていますね。
ところが、明日からは一転、最高気温25度になるということですが、
本当かなあ…
気温の変化と季節の変わり目は、体調管理が難しいですから、
お互いに気をつけましょう。
そうそう、夏バテも今頃来るからね。

さて、ジュリエットからの手紙が最終週になりました。
もうご覧になりましたか?

この映画のメインターゲットはもちろん50代から60代女性。
当館の主要なお客様・・と想定しておりました。
ところが、第一日目から、若い男性のお客様が多いのです!
大学生、なんと高校生の男子まで!
もちろん、女性の方が主であることは変わりませんが、
他の作品と比べても、若い男子率は断然高い!
これはいったいどうしたことか!

いや、もちろんうれしいことなのです!
誤解のないようにね。

「ジュリエットからの手紙」は、昨今珍しいくらいの、
純系ラブロマンスの王道を行く作品で、最後にendって出てくるのも泣かせる。
内容も、暴力シーンなんて全くないし、激しい濡れ場もなし。
ストーリーもこうなるんだろうな、という線を裏切らないけど、
それでも十分満足感が味わえる、らしいのです。

夜勤前に観に来たご常連さんも、これから仕事に行くのにドヨ~ンとならずに
元気になれてよかった~、だったし、ある奥様も観た後の感想は「大満足!!」
なにか、幸せな気分になるんですよね。

最近の映画は、暴力シーンや残虐シーンもますます過激になるし、
性描写もかなり露骨で激しくなるばかり。
それはそれで、表現として必要な場合もあるので、否定はしないけど、

いや、現実はもっとすごい。
震災や津波、そして大雨の被害が続き、
いったい日本は呪われているのかとさえ思うし、
普通の顔した隣人が、とんでもない猟奇的な殺人を犯していたり、
幼い子供を、守るべき親が考えられないような虐待をしていたり・・・
もうきりがないくらい。

現実世界もこんなだし、映画も3Dも面白いけど、速くて目が疲れるし、
大きな音もず~っと聞いていると辛い・・・・
そんな時「こんなことってないでしょ?」と思うようなストーリーでも、
穏やかな音楽と美しい景色、人生って、希望も喜びもあって捨てたもんじゃないよね?って思えれば、
そんなに素敵なことはないんじゃないかな?

だから、あーこの映画観て幸せになってよかった!!
と思えるのです。
これも映画の力じゃないですかね?

そう言えばこないだお休みの日に観てきた
うさぎドロップ
も、そういう映画でした。
あーよかったよかったって、思えるような映画、
たまにはいいと思います!
こういうの時々観たくなるのは、やっぱり疲れてるんですかね・・・

ということで、若い男子のみなさま~
「ジュリエットからの手紙」は、23日までですよ~
スポンサーサイト






2011⁄09⁄18(Sun) 12:00   シネマホール | | | ↑Top
バンクシーって知ってました?


バンクシーって知ってました?

私はこの「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」という映画で初めて知りました。
若いスタッフが、この映画をぜひやりたいということで、9月24日から上映することになりました。

イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ
は、そのバンクシーが監督したドキュメンタリー映画です。

街の嫌われものになっている壁の落書き。
グラフィティー・アートとかストリート・アートなどと言われる
このジャンルでは、まさにヒーローのようなバンクシー。
街中の壁やシャッターに描かれたわけのわかない文字のルーツは
この人たちからだったのかーと思うはずです。

ゲリラ的に街のどこかに忽然と現れる巨大な壁画?やインスタレーション。
違法行為ギリギリ(現場を発見されれば逮捕されるでしょう)
の表現活動は、反資本主義、反体制のメッセージも含んでいる。

パレスチナとイスラエルの間の悪名高い塀にも、
風船で飛んでいく少女の壁画制作をゲリラ的に決行している。
こんな表現方法だからなのか、彼の実像は一切秘密になっている。
そんな謎めいたアーティストであることも、彼を有名にしているようだ。

さて、この映画の主人公?は自分のファンだった一人の男。
この撮影オタクの男が、いつしかモダンアートの旗手として、人気者になってしまうまでを、
インタビューと主人公が撮った映像も絡ませつつ、
バンクシー自身も語りながら描かれる・・・

正直アートの才能なんてあったのか??と思うような男が、
バンクシーに憧れて、バンクシーからの一言ですっかりその気になっていく過程。
そして、彼を新しいモダンアートの才能!ともてはやす「アート通」の人たち。

私は彼がその気になっていく姿を笑ってみていたが、
途中から笑えなくなってしまった。

バンクシーらしい皮肉とちょっぴり怒り?にも似た感情を滲ませた本作。
バンクシーがこの映画作った意味とか、今後のバンクシーの作品のこととか、
やっぱり知りたい!

9月25日のトークライブ「バンクシーとは何者か!」で、
日本でのバンクシー研究の一人者、東京芸術大学の毛利嘉孝氏の
お話をちゃんと聞いてみよう!


【バンクシーって知ってました?】の続きを読む...





2011⁄09⁄09(Fri) 13:47   シネマホール | | | ↑Top
なかなか更新できなくて・・・


あっと気づいたらなんと2ヶ月も更新してなかったこのブログ。
本当にすみません。

もう季節は秋。台風12号の被害も富山ではほとんどなく、
静かに夏から秋になりましたね。

先月末から2日間の広島での全国コミュニティシネマ会議のプレイベントでの出張も、
大きな収穫と出会いがあり、とても充実した内容でした。
これからのフォルツァ総曲輪が、皆様に愛される映画館になれるように、
生かしていきたいと思います。

さて、「イヴ・サンローラン」は今日で最後になりました!
この映画は大好きな1本。
そのことを今週になってやっとfacebookで書きました。
その効果かどうかわかりませんが、
昨日はたくさん来ていただきました!
みなさんありがとう!

生涯、影となり日向となりイヴ・サンローランを支え続けた
ピエール・ベルジェ。
彼自身がナレーションをしているのですが、
淡々と語れば語るほどに、喪失感と哀しみが胸にチクチクするほどに伝わる。

どんなに才能あふれて天才と言われる人でも、
所詮は生身の人間。
時には気が狂いそうになったり、死にたくなったり、
何もかも捨てたい!と思ったり、自分の才能を呪ったり、
と苦悩と孤独の人生だったのだろう。
そんな彼を、ひたすら見守り、信じ、支えるというのは、
とてつもない忍耐、そして大きな愛なくしてはできない。

二人で集めた美術品をすべて売り払ったあとの、
ピエール・ベルジェの表情は何とも言えない。
なにかホッとしたような、しかしやはり隠しようもない哀しみ。

人が人を全身全霊で愛しきる。
天才デザイナーが生涯に成したことよりも、
衝撃とも言えるほどの感動を覚える。
こんな人生って・・・あり得ない・・・
ひょっとして、まだご覧になっていない方は、
ラストの上映ですので、ご覧になってくださいね。
あなたの人生に深く静かにしみこむ愛の物語です。










2011⁄09⁄09(Fri) 11:16   シネマホール | | | ↑Top
今日は自主上映会です!


今日は子育てサークルの方たちの自主上映会です!
ママパワー炸裂の元気いっぱいのママたちそしてこどもたちが
館内でにぎやかに走り回ってますね~
P7030117.jpg



「玄牝」や「うまれる」のママシネマのときもそのパワーに圧倒されましたが、
今日はさらにそのピカピカと輝くような力強さに、日本は大丈夫!って思いますよ!

自主上映会が成功するかどうかって、やっぱり主催する人たちの
エネルギーに完全に比例します!
P7020105.jpg
この映画を観て欲しい! こんなことを知って欲しい!
仲間になって欲しい!っていうメッセージは、チラシをたくさん配るとか、
メディアにいっぱいでるとか(というのもつまりエネルギー度に比例するかも)
ということより、彼女たちの純粋でまっすぐな思いてあればあるほど、
多くの人の心に届いて、揺さぶるのですね。

かつて、私自身も何度も自主上映会をしてきましたが、
その時のエネルギーは、自分でもびっくりするほどだったと思う。
いろんなところに出かけて、いろんな人に会って、
その映画を語り、その映画を観ることによってどんなことが得られるのか、
あるいはその後の社会のあり方について夢を語り・・・

きっと今回参加されたママたちも、自分の子供たちや、
そのこどもたちが生きるこの世界が、こどもたちにとってもかけがえのない世界になるように。
そんな思いがあふれているんだろうな。

その思いと自分たちが企画し、行動したことが、
こんな風に人を感動させるということにもさらに感動してると思います。

この感動と歓びを知った人たちは、きっとまたさらに次なる行動につながっていくんですよね。
世の中って、実はこういう人たちによって動かしていかないとね。

どっかの国のセイジカと呼ばれる人たちが、なんだか社会のことより、
自分の身の回り半径5mのほどのことしか考えてないような、
情けない姿を見るにつけ、このママたちの方が、絶対に信頼できるし、
未来を感じる人は、きっと私だけではないでしょう!

とにかく、今日はそんなたくましくそして美しくもある女性たちが
生き生きと活動できる場を提供できたってことは、つくづくうれしいと思った一日でした!
ありがとう!













2011⁄07⁄03(Sun) 17:33   シネマホール | | | ↑Top
わさびさんの落語


今上映中の「落語物語」
監督は噺家の林家しん平師匠で、しん平さんはこれまでも「駕瞑羅(ガメラ)4真実」とか
「深海鮫レイゴー」とか、かなりマニアックな?作品を作ってたみたい。
そして今回は、まったくの直球勝負というか、自らの芸の場である落語界での話を
映画にしたわけですね。
なので、もちろん東京の4つの寄席、上野鈴本演芸場、新宿末廣亭、浅草演芸ホール、
池袋演芸場などの楽屋などが出てくるし、本物の噺家さんもいっぱい出てきます。
で、主人公である、噺家になりたくてピエール瀧演ずるところの今戸家小六師匠に弟子入りし、
住み込みで修行する青年役は、柳家わさびさんという現役二つ目の噺家さん。

わさびさん、実は当館と富山にとっても縁が深いのです。
わさびさんの実際の師匠柳家さん生さんは、富山市総曲輪の出身で、
当館では年に2回さん生会を開催して落語を披露されています。
なので、わさびさんも4年前から一緒についてきては、
前座として上がっていたのです。

そのわさびさんが主演の映画ということなら、
やっぱり当館で上映しないとね!ということで今回の上映となりました。
映画は、落語の人情話そのものストーリーで、
高座じゃ立派な芸人の師匠も、家に帰れば、しっかりもののおかみさん(田畑智子)
がいないと何にも出来ないノホホン亭主。そんな師匠のもとで修行する気の弱い弟子。
そんな弟子を二人は厳しくあたたかく見守っていてくれていますが、
ある日、おかみさんが病に倒れて・・・
という笑いと涙の、なんともほっこりする映画なのです。

せっかくだからやっぱりわさびさんの落語を生で聞いてもらおうと
有志の方たち「富山で落語文化を伝承する会」が落語会を企画されました。
企画していただき本当に感謝です!

wasabi1

その後、主催者の方と映画のこと、落語のことなどのトークも披露。
wasabi2

落語とは違い、しかもいきなり主演というプレッシャーにご飯ものどに通らない日々だったとか。
これから映画に出ることも考えていく?という問いには、
きっぱりと「落語をもっともっとちゃんと修行することが一番大事」とのこと。

確かに、噺家の道もかなり厳しい道だし、中途半端なことでは、
真打になれないんだろうね。

とにかく、これからもわさびさんは富山に何度かやってきて、
噺家としての成長を見せてくれるはず。
こういう若い芸人さんが育っていく姿を見られるのもうれしいな。

ということで、ぜひ映画のわさびさんを観ていただいて、
彼の富山での高座も楽しんでいただけたらと思います!!








2011⁄06⁄06(Mon) 11:21   シネマホール | | | ↑Top

| HOME | next >>

プロフィール

forzasogawa

Author:forzasogawa
FC2ブログへようこそ!

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

ブロとも申請フォーム

↑Top



Copyright © 2018 フォルツァ総曲輪日記. All Rights Reserved.

 Template by nekonomimige Photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。