FC2ブログ
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄--(--) --:--   スポンサー広告 | | | ↑Top
金子教授の映画学入門 12


ワクワク街中ウオッチング


本日はゼミ生16名と一緒に市民プラザに集合。
総曲輪にある今井古書店を訪問。
富山の街中でがんばる貴重な古書店だ。

絶版の岩波文庫もここにある。
『映画が若かった頃』も置いてあり、映画関係もおもしろい。
文学関係も充実し、美術など思わぬ掘り出しものがあるのでお勧めの古書店。

そして、本日のメインは学生とともに
フォルツァ総曲輪での映画鑑賞である。
ボブ・ディランへのオマージュ的作品
「アイム・ノット・ゼア」
「風に吹かれて」など
1960年代のフォーク界を代表し、
多くのアーティストに多大なる影響を与えた詩人・
無法者・映画スター・革命家・放浪者・ロックスター、
いくつもの顔をもつボブ・ディラン。

映画では、ボブ・ディランの多面性を6人の俳優が演じる。
ケイト・ブランシェット、クリスチャン・ベイル、
ヒース・レジャー、マーカス・カール・フランクリン、
ベン・ウィショー、リチャード・ギア。

六人の中でもケイト・ブランシェットがいい。
リチャード・ギアはいなくてもよかったか。
彼のところで映画の流れが切れてしまったのが惜しまれる。
音楽に力が入れられ、エンディングの曲が心をとらえた。

映画はホブ・ディラン自体から離れ、
別の像を作り出す。とらえきれないことが
ボブ・ディランの新たな神話を作り出すかのようだ。

メディアが作り出すボブ・ディラン神話を
最も笑い飛ばすのは映画の題名である。

どんなに追いかけようと

I'm Not Thereーー私はそこにはいない。
 


そしてもう一作品「トゥヤーの結婚」

砂漠化が進む中国内モンゴル自治区西北部の山麓の大草原。
水枯れのために一家を支えるトゥヤーは、ラクダで水汲みをする。
夫は井戸掘りの事故で幼い息子と娘を抱え、牧羊の世話も彼女の肩に。
身体を壊したトゥヤーは離婚し、再婚することを選ぶ。
前夫も一緒に暮らすことを条件に再婚しようと考える。
 
過酷な生活環境の中でたくましく働くトゥヤーの笑顔、
一途に思いを秘めたまなざしの美しさ。
母を支えようとする息子、
次々に訪れる求婚者をユーモラスに描く。
魅力あふれる映画の登場である。


監督は「月蝕」の王全安。
ヒロインのトゥヤーを演じた、ユー・ナンが素敵だ。
2007年ベルリン国際映画祭で最高賞の金熊賞受賞作品。
中国映画としては「紅いコーリャン」以来の快挙にわいた。
金曜日までの一週間限りの上映、お勧めの映画だ。

金子幸代
関連サイト (金子研究室) http://www.hmt.u-toyama.ac.jp/hibun/kaneko/






スポンサーサイト






2008⁄07⁄24(Thu) 23:15   未分類 | | | ↑Top
キレイなだけじゃないおんなっぷり


「トゥヤーの結婚」のヒロイン、トゥヤーは本当に働きもんだ。
それもハンパじゃなく。

だって、毎日往復30キロかかって水汲みに行き、
羊の放牧だって、おそらくは何キロ、何十キロは離れたところまで行っているはず。
その上、幼い二人の子供、そして事故で下半身が不自由になり
働けなくなった夫を抱えて。
普通だったら、夫がそうなった時にすでにめげてしまって、
途方にくれ逃げ出してしまうところだと思う。
でも、トゥヤーはめげない、ひがまない、文句を言わない、
そしてなんとキレイなことだろう。

そんなトゥヤーは誰からも頼りにされて、
隣人(と言っても何キロも離れた)のセンゲーは、
浮気性の嫁に振り回されては、飲んでつぶれて、
トゥヤーの世話になってる。

トゥヤーの体がボロボロになるのを見かねて、
夫のバータルは離婚したいという。
でも、トゥヤーが裁判所に申し出た離婚の条件は
再婚するときは元夫も養ってくれること。
ありえないでしょ!!
と思うことも、自分だけが幸せになるわけには行かない!
というひたすらまっすぐな想いだけ。

トゥヤーを妻にしたいと思っていた同級生のボロルが
再婚を申し出るが、バータルを施設に入れてしまう。
孤独に耐えられなくなったバータルが、自ら命を絶とうとしたときの
トゥヤーの言葉は、本当に胸を打つ。
この強さは、アジアの女の強さのような気がする。
これぞ、アジアンビューティなのだ!
(でも、アジアの女としての自分はどうかと言われればちょっとひるむけど)

それにしても、中国内モンゴル自治区(つまりモンゴルとは違うのです)の
人が暮らしていくには、あまりにも苛酷な環境。
そして、ここにも地球温暖化の影響は徐々に現れていて、
ますますトゥヤーたちの暮らしを脅かす。

極端に少ない雨量、そのために井戸は枯れ、
羊たちの食料となる牧草も育たず、
羊の出産も数年に一度になっているという。
じわじわと砂漠化していくこの土地に行きるトゥヤー。
トゥヤーとはモンゴル語で『ひかり』という意味だと言う。

単に苦労ばかりの女の物語ではなく、
さらりとユーモアも交えて、
心の中に大地をふきわたる草原のちょっぴり冷たいけど
さわやかで、心にしみる風のような映画だと思う。

監督が母を重ねたと言うヒロインが描くものは、
この荒地に大きな愛で光を与えている
一人のたくましくも美しい女の生に違いない。

mm












2008⁄07⁄19(Sat) 10:22   シネマホール | | | ↑Top
盛りだくさんの夏の企画


あっという間に7月も半ば。
なんと月日のたつのは早いこと。

シアターガイドを毎回追われるように作っていて、
やっと7・8月分が出来上がったと思ったら、もう9・10月分の準備に入らないと・・・

とはいうものの、この夏は本当にもう盛り盛りだくさんのイベント企画。
ドキュメンタリー特集5本のうち
「おいしいコーヒーの真実」→トーク&フェアトレードフェア
「ジプシー・キャラバン」→フラメンコミニライブ
「パレスチナ1948・NAKBA」→トーク
「非現実の王国で ヘンリー・ダーガーの謎」→トーク
「ファヴェーラの丘」だけ特になし・・・でも、本当はヒップホップのライブなんか
できればいいなぁ、なんて考えていましたが、さすがに毎度毎度はちょっとしんどい。

それぞれに面白くて、え~~そうだったの?とか、う~~ん、そうなのか・・・
というようなお話やら内容です。
「おいしいコーヒーの真実」のコーヒー飲みながらの企画以外は、
映画をご覧になればもれなくトークつきですので、
ぜひトークもご参加ください!

あと夏休みのこどものためフォルツァまるごと探検&体験ワークショップも企画してますので、
これは、スタッフにとっても始めての体験なので、ワクワクドキドキ
なのですが、映画館やライブホールの裏側の探検や、ちょっとだけ仕事の体験など
なかなか普通はできない企画だと自負しております。
良い子のみなさん、ぜひフォルツァをまるごと体験してくださいね!

そして、今回はサポーターの皆さんセレクトの映画が登場する
「マナツノヨルノフォルツァ」レイトショウ!!
女の子目線で選んだ珠玉の名作ぞろいです!
「ジョゼと虎と魚たち」以外の2本は富山初公開というのもすてきです。

暑い夏を乗り越えるのは、やっぱり映画を観て感動すること!
これが一番ですよ! みなさん!











2008⁄07⁄11(Fri) 20:12   シネマホール | | | ↑Top

| HOME |

プロフィール

forzasogawa

Author:forzasogawa
FC2ブログへようこそ!

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

ブロとも申請フォーム

↑Top



Copyright © 2008 フォルツァ総曲輪日記. All Rights Reserved.

 Template by nekonomimige Photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。