FC2ブログ
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄--(--) --:--   スポンサー広告 | | | ↑Top
正解のない答え


今上映中の「ブタのいた教室」
やはり親子で見てくださる方が多いです。
話題作なので、前から観たかった、富山でやってくれてうれしい、
というお言葉もたくさんいただきました。

この映画については、制作の段階からすでに上映のオファーをしていたのですが、
いろいろ微妙な事情があり、とにかく上映ができてホッとしています。

さて、先日この映画を昨日観たのだけど、今日はパンフレットを買いに来た、
というお客様がいらっしゃいました。
息子さん(小学生)と一緒に観られたそうですが、
息子さんが納得しない、自分も納得がいかないのだ、とおっしゃいました。
Pちゃんについて、星先生が出した結論のことです。

Pちゃんを食べるのか、食べないのか、という議論は、
こどもたちの間で何度も繰り返されます。
しかし、なかなか結論が出ない、でも、卒業する日が間近に迫り、
6年2組としての結論を出さなければならない・・・・
そして、真っ二つに割れた議論の中で、結局は先生がどちらかの結論を
下すことになるのですが、そのことに納得がいかないと。

きっとこの結論については賛否両論で、これが正解!というものはないと思います。

ただ、このお客様も、きっと息子さんといろんな話をされたのではないでしょうか。

Pちゃんを助けることは、ひょっとして簡単なのかもしれません。
でも、考えてみれば、Pちゃんじゃないブタを私たちは食べているのです。
ブタだけじゃなく、牛だって、鳥だって、魚だって、野菜だって、
結局毎日私たちは、他の『いのち』を殺していただいているということ。
悲しい事実です。

そのことに気づいた時に、きっといろんな思いがあふれてくると思います。
この映画は、映画を観ながら、こどもたちと一緒に考えて欲しいと思います。
きっと、大人もゆれるし、迷うし、なかなか結論を出すことは難しいでしょう。

一方で、こどもたちが「責任」ということを真剣に考えて、全うしようとする姿に
とても感動します。
12歳の子供たちと、私たちと隔てるものなどないのかも、と思います。

その時々に意見を変えたり、重責を担っていると言う自覚が、これっぽちも感じられない
どこかの国のエライさんに比べれば、なんと立派なのだろうと思ってしまうのは、
私だけでしょうか。

子供たちの真剣なまなざしとことば。
そして、あらためて私たちが生きていくということの意味。
子供たちと一緒に激論を交わしてください。

muro










スポンサーサイト






2009⁄02⁄28(Sat) 15:21   シネマホール | | | ↑Top
旨そうで不味い魚か、不味そうで旨い魚か


只今フォルツァで上映中の「ワイルド・バレット」。

フォルツァスタッフが事前に東京で鑑賞して来て、「おもしろいから」
という理由で上映作品として選ばれた訳でもありません。
 では、なぜ選んだのか?
 
 それは、クエンティン・タランティーノのこのひと声。
「アクション・ムービーの最高傑作が誕生した。
 俺が待ち望んでいたのはこれだ!」
 があったことが大きい気がします。

クエンティン・タランティーノは自らシネ・フィル(映画オタク)を
自称するくらい、今でも映画を見まくっている俳優監督脚本家です。
グラインドハウス企画のタランティーノ監督作「デス・プルーフ」はご覧になりましたか?
まだ観てない人はぜひチェックを!おもしろいですよ!!
そんな彼がそこまで言う作品なら、富山で上映する価値もあるだろう、
ということで、「ワイルド・バレット」は昨日から2週間上映中。

で、肝心の本作ですが、おそらく近年のアクション映画の中でも
かなりおもしろい部類に入るでしょう。
銃撃戦に斬新なヴィジュアルと複雑な展開が
絡まって最後まで飽きさせません。
この映画は現代の「不思議の国のアリス」だ、
とパンフレットに書かれているのですが、確かに、そんな見方もできます。
「不思議の国のアリス」アクション編です。

しかし、ひとつ問題があります。
それは、監督が無名の上に、チラシやポスターにインパクトがない、ということです。
ですのでなかなか宣伝が難しい。

お客様が映画情報を入手できるのは、
予告編、ポスター、チラシ、HPなどと言った告知媒体です。
一番映画の雰囲気が伝わりやすい予告編は
映画館で観るか、フォルツァ1Fの液晶画面で通りすがりに観るか、
グランドプラザの大型ヴィジョンで観るかしかありません。
HPもとても便利だけど、興味がある作品のHPだけしかアクセスされません。
チラシ(やポスター)の類は媒体が紙という物質なので、
この世に直接存在できるため、
人から人の手(口コミ)に渡っていきやすいという未知の可能性を秘めているのですが、
モノのクオリティーやインパクトがなければ意味がありません。
今回の「ワイルド・バレット」はチラシにインパクトがないので、
宣伝的にはやりにくい作品です。困った…
しかし、映画とはポスターやチラシ、HPではなく、
やっぱり中身なのです!!!!
そして「ワイルド・バレット」は中身を開けてみるとびっくり、
最高級の大トロなのです。

ですから映画オタクの言葉を信用することは、
最も有力な映画情報源なのかもしれませんね。

いい映画が埋もれていきやすい時代です。
もったいない!こんなにおもしろい作品が…
と映画館スタッフは時々思ってしまうのです。
「ワイルド・バレット」は2/27(金)まで、大絶賛上映中です。

ryuzo






2009⁄02⁄15(Sun) 16:07   未分類 | | | ↑Top
フェルメールはやっぱり人気です!


昨日7日に開催した「フェルメールはなぜ人気? ~キュレーター八木宏昌のアート雑学~」には
42名の方にご参加いただきました。
ありがとうございました。

八木さんは、県水墨画美術館の学芸員ですが、アート全般にとても造詣が深く、
映画や音楽にも強く、アートの裏側?にも詳しい方なんです。

上映中の「消えたフェルメールを探して 絵画探偵ハロルド・スミス」は
フェルメールの絵についてというより、美術品犯罪の実態を描いたもの。
世界的に有名で、もちろん高価であり、文化遺産として
永久に保存しなければならないような美術品。
特に絵画は、ある組織にとっては最大の交渉カードとなるということ。
例えばIRAなどのテロ組織が、収監された組織の人物と引換えに
提示されたりするのです。

ただ、この映画に登場するフェルメールの「合奏」は、
イザベラ・スチュアート・ガーデナー美術館から1990年に
盗まれたレンブラントやドガの作品とともに、
未だに、その行方が分からず解決されていないのです。

というような、美術品の盗難事件、美術館の警備の状況などなどに触れながら、
フェルメールの絵が登場する映画、そして上記の美術館のオーナーである
イザベラ・ガードナーその人をモデルにしたであろう映画の紹介など、
そうだったの!!というような話題も次々に紹介されて、
興味の尽きない1時間でした。

また、参加された方の中には、フェルメールは海外でも何点か見てきた、
という方も何人かいらっしゃいました。
そういえば、「フェルメール巡礼」という旅行の仕方もあるということでしたが、
さて、皆さんはフェルメール、何点見られましたか?

muro











2009⁄02⁄08(Sun) 20:22   シネマホール | | | ↑Top
桜坂劇場に行ってきました


3,4日と、沖縄は那覇にある桜坂劇場に視察に行ってきました。
小松発8:55の飛行機が故障し、結局羽田経由、那覇に着いたのは午後の3時半。
4時間遅れて到着しましたが、前日からの先発隊と合流し、
国際通りの裏手の方にある桜坂劇場へ。

なぜわざわざ沖縄の桜坂劇場に視察に行くのか、と思われるでしょう。
この劇場は、「ナビィの恋」「恋しくて」などの中江裕司監督が経営する劇場で、
一度閉館した劇場を新たなコンセプトでリニューアルオープンしたのが2005年。
3スクリーンにカフェ、アート雑貨、古書店などもあって、
市民大学として各種講座がなんと100講座!

しかも年間10万人が来場すると言う、とんでもなくすごい劇場なんですよ。
ということで、とにかく以前から行ってこの目で見てきたいな~と思っていたわけです。
それで、そういう熱い願いが聞き届けられて、視察出張となりました!

しかし、15時半に那覇に着き、翌日15時半に那覇を発ち小松に戻ると言う、
那覇滞在時間キッチリ24時間というかなりなハードスケジュールでしたが・・・
しかし、文句は言えません! 本当にラッキーでした!

滞在時間24時間でも、やっぱり実際に行って見てみるのと、
写真やHPを見るのとは違いますね。

ちょうど「マルタのやさしい刺繍」上映中で、大ヒット中ということでした。
おそらく、4月頃に再映すると思いますとのこと。
やっぱりね~。

外のテラスに座って暖かな陽射し(23度ですよ!)を浴びながら、
読書したり、中のアート雑貨をゆっくりと見ていたり、カフェで市民講座を終えた方たちが
おしゃべりに花を咲かせていたり、そんなところになんとあの平良とみさんが現れて。
彼女は、講座の一つ「沖縄の心<ウチナーグチ>」をご主人の平良進さんと
講師をされているのです。

とにかく、表の国際通りの喧騒を離れて、ゆったりと過ごせる空間と、
何か新しいもの、面白いもの、すてきなものに出会えるような、
そんなワクワク感に満ちた劇場です。

ここまで言えば、私たちがなぜ沖縄まで視察に行きたいと思ったのか
お分かりいただけると思います。
正直言ってこういう劇場は、東京でもなかなかありません。

フォルツァ総曲輪がリニューアルオープンしてもうすぐ2年。
まだまだ自分たちが満足できる劇場にはなっていません。
ということは、お客様にはもっと満足されていないということです。

今回の視察を活かすべく、すぐできることはやるつもりですし、
若干時間がかかることもあります。が、少しずつでもめざす方向に向け、
動いていきたいです。
そう思うと、やらないといけないことがいっぱいだな~。
でもそういう苦労は、あんまり苦にならないけどね。

muro










【桜坂劇場に行ってきました】の続きを読む...





2009⁄02⁄08(Sun) 18:41   シネマホール | | | ↑Top
コッポラの固定の夢


只今フォルツァ総曲輪で上映中の映画「コッポラの胡蝶の夢」は、
ほぼカメラを固定して撮っている。

僕は、サンプルでこの映画を始めて観たときは、
画面が固定された絵の連続だとは気付く暇もなく、
物語の展開に圧倒されてしまった。
のちにパンフレットを見て、
コッポラが、映画を撮る前にカメラマンには
「カメラは全編にわたって動かさない」と言ったと知った。

ビデオカメラを持ったことのある人なら分かるでしょうが、
カメラを固定して撮った画面というのは、
よほどの出来事が写されていない限り、
2分も見ていればあきてしまう。
カメラが動くことによって、観る側の興味も進むことができると言ってもいい。
だから、今どき全て固定で撮られた映画などは、
邦画で言うと小津の時代に遡らねば
なかなか観ることができない。

その点、世界の河瀬直美監督作品などは、
ほとんど手持ち撮影、動きまくりぶれまくりの撮影だ。
彼女の映画の作り方は、ドキュメンタリー的手法なので
現実の生が露出する瞬間をいかに鮮やかに切り取るかが、
彼女の作品の鍵となっている。
そのためにはどんな瞬間も逃さずに撮影できる
手持ち撮影が一番理に叶うのは納得できる。

ではコッポラはこの映画でなぜ、カメラを固定したのか?
おそらく原点回帰もあるのだろう。カメラは素早く動き、
またCGが映画製作になくてはならない時代となった現代に抗うような、
固定画面でいかに新しい映画を作ることができるか?
固定撮影でまだ撮り残した方法があるのではないか?
という思いがあったのではないだろうか。
そして、コッポラは映画を「作りこむ」ことに全身全霊を注ぎ込む監督だ。
固定画面だからこそ、
この視点から見える風景をカメラの画面という額に入れ、
その額のどこに人や物を配置するか、
どの方向からどれくらいの光を当てるか、
その中でどう人を動かすかなど、
画面を固定するからこそ、そういった「作りこみ」に専念できる。
現実を一切省いた、夢の虚像のような映像だ。

さらには編集の巧みさもすばらしい。
なにもかもが計算されつくした世界がそこにある。
それはまるでコッポラの思想を
覗いているようなものだ。
2時間のうちに写され、消えていく
スライドショーのような絵の数々を観賞するという楽しみだけでも、
「コッポラの胡蝶の夢」は
観るに値する映画でしょう。

ryuzo











2009⁄02⁄03(Tue) 12:54   未分類 | | | ↑Top
金子教授の映画学入門 15


フォルツァ総曲輪に行こう! 

2009年も二月に入りました。
皆さんお元気にお過ごしのことと存じます。
今日は節分です。節目の日ですね。

新年に入り、学生を連れてフォルツァ総曲輪によく通っている。
新藤兼人の『石内尋常高等小学校 花は散れども』がいい。
題名が利いている。花は散ってしまっても人の心にはいつまでも残る。
95歳の現役監督の瑞々しい精神の源が描かれる作品だ。

さらに
二月のフォルツァ総曲では
『消えたフェルメールを探して』
『画家と庭師のカンパーニュ』
『コッポラの胡蝶の夢』

日本映画では
『真木栗ノ穴』や
『ブタのいた教室』
など
興味をひく話題作が次々に上映される。

ぜひフォルツァ総曲輪に足を運んでほしい。
あなたのお気に入りの一本が必ず見つかるはずだ。


一月には『十二人の怒れる男』を見に二度足を運んだ。
一押しの映画である。

『十二人の怒れる男』

1957年製作のアメリカ映画、シドニー・ルメット監督、
ヘンリー・フォンダ製作・主演で話題となった。
法廷劇の金字塔をリメイクした
ニキータ・ミハルコフ監督・出演の
ロシア映画がなんといっても圧巻であった。

ニキータ・ミハルコフは
機械じかけのピアノのための未完成の戯曲 』
の映画で名高いが、
『十二人の怒れる男』
現代のロシアに舞台を置き換えたリメイクの傑作である。

日本でも陪審員制度が話題になっているが、
多くの人に見てもらいたい映画だ。

ベルリン国際映画祭で金熊賞を受賞した
『十二人の怒れる男』を
レジナルド・ローズの脚本をもとにし、
ニキータ・ミハルコフは舞台でも演出している。

映画では21世紀のロシア状況を反映させ、チェチェン紛争を取り上げ、
拝金主義、民族差別などが浮きぼりだされる
「まったく新しいオリジナル作品」といってよいだろう。


学校の体育館に閉じ込められ、
全員一致の評決が出るまでの間、審議をすることになる12人。
チェチェンの少年が一緒に暮らすロシア人のおじを惨殺し、
有罪にするという評決に
1人の陪審員が早すぎる結論に異議を唱える。

陪審員ひとりひとりの過去や生活や信条が語られる。
俳優がうまく、まるで演劇を見ているように観客も引き込まれていく。


撮影期間の2ヶ月、監督は俳優たちが「全身全霊をもって役に入り込むこと」を望み、
映画の時間軸と同じ“順撮り”で撮影した。
2時間40分という長さだがまったくその長さを感じさせない
緊迫感のあるドラマとなっている。
チェチェンの少年の戦時の悲惨な記憶がフラッシュバックされ、現実の問題をつきつける。


合い間にはピアノをひいたり、ロシアの文化的土壌も映し出される。
ユダヤ人蔑視やカフカス出身者への差別的発言に抗議もなされる。
12人の陪審員ひとりひとりが、現代のロシア社会の象徴となっている。

最後まて有罪を主張したミハルコフが演じる陪審員が
無罪になった少年の行く末を案じ、少年に救いの手を差し伸べるシーン。
審議中に迷い込んだ小鳥が最後には冬の雪のまう外に飛び立つラスト、
陪審員ひとりひとりが心をさらす場面、心揺さぶられるシーンだ。

この映画を見ながらドストエフスキーの小説を読んでいるようにも感じた。

映画と演劇のコラボレーション、
ニキータ・ミハルコフが
現代社会の闇に切り込んだ
新たな代表作といって間違いない。

金子幸代
関連サイト (金子研究室) http://www.hmt.u-toyama.ac.jp/hibun/kaneko/







2009⁄02⁄03(Tue) 00:25   未分類 | | | ↑Top
コッポラからの招待状


本日から「コッポラの胡蝶の夢」が上映されます。
「ゴッド・ファーザー」、「地獄の黙示録」などの大作を撮ってきた
フランシス・フォード・コッポラのルーマニア文学作品の映画化です。
とても素晴らしい映画だと個人的に思うので
ぜひお仲間をお誘いあわせの上、劇場に足を運んでいただきたいです。

晩年を迎える言語学者ドミニク・マティは
生涯をかけた研究も未完成のまま、
恋人とも別離し、あとは孤独な死を待つのみだった。
そんな老人がもし人生をやりなおせるとすれば、
この老人は一体どんな人生を送ることができるのか?

この問いから、この映画は始まります。
そしてコッポラは映画の中で、この問いに対して答えを提示します。
(もちろんここでは言いません。)

そしてその答えにドミニクが辿り着くまでを
丁寧に、うまくひとつのドラマにまとめて描いています。
それがおもしろい映画です。

逃亡劇あり!哲学あり!ラブロマンスあり!
サスペンスあり!エロチックあり!ホラーあり!
様々なジャンルの映画が観たい人にもこれ一本で全て対応!!
そんな映画でもあります。
(さすがにコメディはありませんが…)

僕はこの映画を見て、
一体なにが現実で、なにが夢なのかを疑うようになりました。
過去が夢で、今だけが現実とか
過去が現実で、今が夢という風にも思えてきてしまいます。
それくらい、不思議な映画でもあります。

あと、この映画は二人以上で来ることをお勧めいたします。
映画を観終わったあと、二人で観たことを話し合ってみると
脳にもいいし、お互いの交流にもいいからです(笑)
「なぜあいつはあのシーンであんな選択をしたのか?」とか
「あのシーンが納得いかなかった。」とか
「あのセリフがよく分からなかった。」
「あれはこうこうこうだからあのセリフなのよ」などと言った感じです。
僕はいつもこういう風に友達と話し合って
映画の中の謎々を解いていきます。
彼女や彼氏、大切な人と見に来るといいかもしれません。
話し相手がいない場合は受付にいる僕にぜひお声をかけてください。

それでは、夢と現実が交錯するカルチャーワンダーランドで
お待ちしております。

あと、14日に(もうフォルツァでの上映が終わった日ですが)
衛星第二で「ゴッド・ファーザー partⅠ」の放送もありますので、
コッポラ映画をもう一度見返してみるのもいい機会になるかもしれません。

saeki






2009⁄02⁄02(Mon) 13:30   未分類 | | | ↑Top

| HOME |

プロフィール

forzasogawa

Author:forzasogawa
FC2ブログへようこそ!

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

ブロとも申請フォーム

↑Top



Copyright © 2009 フォルツァ総曲輪日記. All Rights Reserved.

 Template by nekonomimige Photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。