スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄--(--) --:--   スポンサー広告 | | | ↑Top
GWも終わり・・・・


長い長いGW、お天気もよく、高速道路1000円均一?で、
北陸自動車道も、かなり混んでいたようですね。

先日東京に試写&劇場で映画も観て、そして今話題の美術展のはしご?
してきましたが、今東京は修学旅行シーズンなのですね。
上野はもちろん、渋谷にも修学旅行の団体およびそのグループとおぼしき
中学生、高校生(?もかな)をたっくさん見かけました。

試写では「レスラー」「扉をたたく人」
劇場で「ウェディングベルを鳴らせ!」「四川のうた」を見てきました。

最近とみに涙腺のゆるい私は、もうのっけから涙の線ができてしまったのは
「四川のうた」でした。
もうあのおじさんの顔を見ただけでダメでした。
顔が語る、というのはまさにこういうことでしょうね。

この映画は70%くらいはインタビューによるドキュメンタリーです。
じゃあとの30%はというと、ジョアン・チェンやチャオ・タオがインタビューされる
市井の人を「演じて」いるのです。
しかし、話される内容は取材の中で語られた内容なのです。

発展著しい今の中国。次々と巨大プロジェクトが進む中、
これまでも国策が変わることで、人々の生活はいいにつけ悪いにつけ
翻弄されていたこと。
そして、その度に忍耐としたたたかさとで生き抜いてきた人たち。
でもそうしたことを当たり前なこととして生きてきた普通の人々が、語ることがなかった人生は、
なんと大きな悲しみとあきらめを飲み込んでいたことか。

そういう人たちの言葉って、とてもシンプルでさりげないけど、
だからこそ、その瞬間の思いの大きさが理解できて、胸を打ちます。

ニュースや経済の視点から見た中国の姿からは、
垣間見ることができない中国が見える映画です。
ジャ・ジャンクー監督は「長江哀歌」に続き、こんな中国の「今」を伝えたかったのでしょう。
残念ながら「長江哀歌」は上映しないのですが、
ドキュメンタリー「長江に生きる 紊愛の物語」は、ドキュメンタリー特集の中で上映します。
観て頂くと、中国の見方が少し変わってくると思います。

ところで、話題の美術展とは「阿修羅展」「ルーブル美術展」なのですが、
とにかく両方とも平日でも大変混んでいて、40~60分待ちになりますので、
終了間近になればもっとひどくなると思われますので、予定の方は
早めの方がいいかも。

でも、阿修羅像は、ちょっと落ち着いた時に奈良興福寺に見に行けばいいんですけどね。
フィギュアもとっくに完売したそうです。

muro









スポンサーサイト






2009⁄05⁄17(Sun) 17:52   シネマホール | | | ↑Top
GWmo








2009⁄05⁄17(Sun) 17:14   未分類 | | | ↑Top
いつもと違うフォルツァ総曲輪なんです!その5


このGWにフォルツァ総曲輪のロビーからホール入り口に続くスロープに
バルーンアートのアーチが出現! そのアーチの下をくぐってホールへ。
「シェルブールの雨傘」「ロシュフォールの恋人たち」のチラシデザインのイメージカラーの
ピンクとブルーで夢のような空間になりました!

baloonwide

ピンクとブルーの雲の中に浮かんだ傘や音符の形のバルーンも雰囲気を盛り上げてくれます。
baloonpik

あれれ?? と思ったらロディやドラえもんまで!

ba

これは完全にスタッフのいたずらです!
でも、けっこうこれがなんだかファンタジーっぽく見えるんですけどね。
お客様もびっくりで、思わず携帯で写真撮ったりされてます。

このバルーンはGWのあともしばらくありますので、
ぜひ見に来てください!








2009⁄05⁄06(Wed) 16:43   未分類 | | | ↑Top
いつもと違うフォルツァ総曲輪なんです!その4


今度は、カフェコーナーに展示中の中原淳一のイラストと本2冊。

中原淳一のことを、私自身は知らなかったのですが、
この絵を見れば、子どもの時に挿絵や雑誌の表紙で見たことを思い出しました。
1920年代から、少女向けの雑誌「ひまわり」「ジュニアそれいゆ」
ちょっとお姉ちゃん向けの「それいゆ」そして「女の部屋」などの雑誌を発行していた方で、
これらの雑誌は当時の少女たちのあこがれの的だったようです。

このことはあまり詳しくないので控えますが、
なぜ中原淳一なのかというとちょっとした偶然です。

「シェルブールの雨傘」「ロシュフォールの恋人たち」上映の前に、
30代の女性数名に試写をして、いろんな感想と意見をいただきましたが、
その中で、’60~’70年代のファッション雑誌などが置いてあるといいね、
という意見がありました。
でも、そういう雑誌を手に入れるのはとても難しい・・・どうしようかな、
と思っていたときに、NHKの「日曜美術館」を見ていましたら、
銀座松屋で開催される中原淳一展を紹介していました。
その絵は懐かしさと同時に、今でも充分通じるファッションセンスであふれていました。

naka2b


そして、さっそく東京に行った折にこの展覧会を見てきて、これだ!と思った次第。
まさに’60~’70年代のファッションが満載の絵本がありました。
映画とは直接関係ないのですが、これはこれでとってもすてきなのです。
この展覧会で展示されていた人形のすばらしかったこと!
会場は、少女の頃を懐かしむシニアの方、若い女性の熱気があふれんばかりで、
本当に多くの女性でにぎわっていました。
いつか富山でも展覧会があるといいな。









2009⁄05⁄05(Tue) 15:46   未分類 | | | ↑Top
いつもと違うフォルツァ総曲輪なんです!その3


今回のおいしい企画で登場の「ガレット・デ・ロワ」は、
「シェルブールの恋人たち」に出てくるパイのお菓子。
フランスでは、毎年1月にこのお菓子を食べる習慣があり、
このパイの中にフェーヴいう当たりくじのようなもの(ソラマメや陶器のお人形など)
が入っていて、切り分けられた中に入っていると、その人は幸運の女王様(王様)
ということで金の冠をかむって祝福され、ラッキーな一年になるというもの。
日本で初詣をしたときにするおみくじのようなものですね。

映画の中では、カトリーヌ・ドヌーヴ扮するジュヌビエーヴが妊娠し
出兵した恋人と連絡が取れず、悲しみの中にあるときに、
母は、このパイでお祝いをしてやります。

堀端町のフレンチレストラン、ル・ポワソニエ特製のガレット・デ・ロワは、
本当にサックサクのパイ生地がおいしい、本格的なもの。
cakehalf

このパイにお祝いなので、フランスではシャンペンを一緒にいただきます。
実は、私も何年か前パリに行った時、あるマルシェを訪れた時、
このパイとシャンペン(ちゃんとシャンペングラスに入れてくれる!)を振舞ってくれていて、
本当においしくて!とまさにリッチでラッキーな出来事でした。

なので、今回もシャンペンはさすがに高価なので、
スパークリングワインで召し上がってみてください!

中にちゃんとフェーヴ入りもありますので、当たれば女王様の冠もプレゼント!










2009⁄05⁄05(Tue) 15:25   シネマホール | | | ↑Top
いつもと違うフォルツァ総曲輪なんです!その2


はい、今日はシェルブールの雨傘」&「ロシュフォールの恋人たち」GW特別公開企画の中の
総曲輪通り、中央通の人気ショップによるファッション提案の巻!です。

infaces1
infaces2
この2点は『infaces Branch』のキュートでお嬢様な感じのコーディネート
今年はプリントが流行るそうですが、優しいワンピースとピンクとゴールドのペタンコシューズで
ちょっと大人なかわいさはいかが?

mixt

『mixt』さんのご提案は、「シェルブールの雨傘」のカトリーヌ・ドヌーヴが着ている
トレンチ・コートに注目のコーディネート。
少しワイルドなコートに、女っぽいミニワンピースを合わせて、
ブルーのスカーフで引き締めました。

albano

こちらは中央通「Albano」さんのコーディネート。
やっぱり「シェルブールの雨傘」に頻繁に出てくるカーディガンと、
軽やかなサブリナパンツに、ボウのついた清潔感あふれるシャツブラウス。

スカートの方も、鮮やかなブルーのプリーツスカートと、ふわっと丸い袖がかわいくて
上品な組み合わせに、やっぱりブルーが基調のスカーフでキリッと。

psw

上品さとかわいらしさならこちらも負けていません!
「Paul Smith Women」は、ギンガムチェックのえりがおしゃれなブラウスに
パフスリーブのカーディガンに、ショートパンツの組み合わせ。
知的で大人っぽいけど、かわいらしさもあって。
こんなコーディネートが似合う30代後半から40代の女性はすてき!
と個人的には思いますが、私はもう無理です・・・・残念!

とにかく、やっぱり生のお洋服を見ていただきたい!

そして、なんだか景気悪い話(本当に景気悪いのは事実ですが)ばかりの時は、
思いっきりおしゃれして街に出れば、きっと何かいい事ありそうな気分になりますよ!

そうそう、1960年代、70年代のファッションと言えば、
中原淳一のコーナーも作りました。
中原淳一って誰?という方、お母さんやおばあちゃんに「それいゆ」という雑誌の
ことを聞いてみてください! 
本も置いてありますので、ぜひ読んでみてくださいね

 おしゃれなこころは、美しいこころと生き方が大切!
という中原さんの言葉と絵は、本当にどこまでも優しくて、とってもおしゃれです。
nakahara












2009⁄05⁄03(Sun) 12:44   シネマホール | | | ↑Top
いつもと違うフォルツァ総曲輪なんです!


長いゴールデンウィークが始まりましたね。
29日からと方もいらっしゃると思いますが、
この5連休、あったかくて上天気が続きそうな気配。
やっぱり気持ちのいい野に山にお出かけでしょうか。

今日から公開の「シェルブールの雨傘」&「ロシュフォールの恋人たち」にあわせ、
コラボ企画真っ最中です。詳しくはNEWSを見てくださいね。

とにかくこの企画では、「おしゃれでおいしい!」をコンセプトに、
そしてとにかくハッピーに過ごして欲しいと思って館内はこんな感じになってます!
baloon
shop

バルーンは第、TVチャンピオン4回バルーンアート王選手権準優勝の
加藤さんの手によるもので、なんとバルーンが500個近く使われいます!
そのポップな雰囲気の中、総曲輪、中央通、常磐町の各ショップが
映画のイメージをもとに、この春・夏おすすめのファッション提案を紹介してくれています。

そしておいしいお楽しみはコレ!
cake
堀端町のフレンチレストラン ル・;ポワソニエ特性ガレット・デ・ロワ。
サックサクのパイ生地の中から、みどりの豆が出てきたら、あなたはラッキーな女王様!
もちろんと~ってもおいしいです!
king

あれれ!!? 失礼!
なんだか王様になってボーっとしたスタッフが・・・スミマセン

でも、こんなにカワイイ冠をかむって記念写真をパチリ!
冠と写真は記念に?どうぞ!

行楽のお休みの合間にいらしてください!
お待ちしています!










2009⁄05⁄02(Sat) 16:51   シネマホール | | | ↑Top

| HOME |

プロフィール

forzasogawa

Author:forzasogawa
FC2ブログへようこそ!

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

ブロとも申請フォーム

↑Top



Copyright © 2009 フォルツァ総曲輪日記. All Rights Reserved.

 Template by nekonomimige Photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。