FC2ブログ
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄--(--) --:--   スポンサー広告 | | | ↑Top
ボヴァリー夫人を観ましたか?


「ボヴァリー夫人」
フランス文学の傑作と言われるこの小説、私は読んでいません。
なので、原作の中でフローベールが語ろうとしていることは、よく分からないけど、
このソクーロフが描くエマ像については、きっと賛否両論、好き嫌いも含め、
共感できるかどうか、ということもきっと議論の分かれることだろうと思います。

私自身、きっとこの小説の要約を読んだところで、
読む気を失せたままだったのかもしれない。

修道院で育った貞淑なエマが、「結婚」に過大な?期待をしたけど、
結局夫は凡庸な田舎ものの医者、日常は退屈で、このままただ年をとるだけ・・・
きっと、エマは結婚と恋愛とごっちゃになって、
結婚すれば、情熱的な愛にあふれた幸福を手に入れることが出来る・・・
と思ったのでしょうか。

ソクーロフ監督のエマ像「美しくない美女」という
この映画の中のエマはを演じるセシル・ゼルヴダキは、
実は女優ではなく民族言語教師だそうです。
イタリア系ギリシャ人である、彼女の容貌は、
目が大きく骨ばっていて美人とは言いがたいけど、
救いがたい渇望感と純真さと悲しみが混じった表情が印象的なエマを
見事に演じていると思う。

エマが自分でも持て余すほどの、
何かを求めてやまない焦燥感にも似た気持ち。
この思いは少しは理解できる。
ただ、彼女のそんな姿に共感できるか、というと難しい。
むしろ、エマの愚かしさがキライだ、見ていられないと思う人は多いかもしれない。
それが監督の思うところなのだと思う。
きっと、それは合わせ鏡のようなもので、自分自身のいやな部分を見せ付けられた
そんなことなのかもしれない。
エマは、私にもあなたの中にもいるもう一人の私なのかもしれない。
エマの救いはどこにあるのだろう・・・

「サヨナライツカ」の陶子の場合はどうだろう。
これも小説は読んでいないので、映画の中だけの話ですが、
豊が陶子と出会い、二人が結ばれた時
豊が、「自分が死ぬ時に愛されていたと思いたいか、愛していたと思いたいか」と聞くと、
陶子はすかさず「愛されていたと思いたい」と答える。
豊との出会いを、お気に入りのルイ・ヴィトンのバッグを見つけたような気持ち、
なんてことを言う。

二人は、情熱的に愛し合うわけだけど、
結局二人は別れ、豊はいいなずけと結婚してしまう。
映画では、その後の二人の人生を一気に先に進めてしまう。
そして、再会。

二人のその後については、映画をご覧いただいて、
実際に陶子や豊の気持ちを味わっていただくしかないですが、
出会った頃の陶子は、オリエンタルホテルのサマセット・モームと名づけらた
スイートルームに滞在し、部屋中、高級ブランドの服やバッグなどがあふれ、
毎日着飾っては男友達と遊んでる・・・という暮らしぶりから、
陶子がどんな状態かというのも、分かります。
その陶子を演じる中山美穂は本当にキレイで、輝く美しさです。
そんな陶子に誘惑されれば、許婚がいようと、男は簡単に落ちちゃいますよね。
そういえば、二人が頻繁に会うバー?の名前が「雨」。
う~ん、きっとこれは作者の意図があって名づけた名前なんでしょうね。
小説では、なにかそのようなことが書かれてるのですかね?

だんだん本筋から外れていきますが、
この2本の映画で描かれるところの女性像。
この二人が求めていたのは、愛されること? 愛すること?
そしてエマや豊と別れ再会した陶子はその答えを出したのでしょうか。

このようなテーマが、まだ答えの出せないものとしてあるということに、
少し残念な気持ちになってしまうのは、私だけなんでしょうか・・・・
なんとなく歯切れが悪いですが。

muro
















スポンサーサイト






2010⁄01⁄31(Sun) 14:09   シネマホール | | | ↑Top
勢いある韓国映画勢


今週、東京へ試写に出向いて観てきた韓国映画「息もできない」

新進気鋭の監督ヤン・イクチュンが自ら脚本、監督、製作
さらには主演、製作までも手掛けた感情むきだしの傑作でした。
この映画は彼が実際に心に背負っていた家族との悩みを吐き出すために
彼が彼自身のために製作を決心した映画だそうで、
撮影途中に製作資金が足りなくなり、
家を売り払ってまで資金を作り完成にこぎつけたという
入魂の作品でもあります。
家をなくす覚悟で作った本作は、東京国際映画祭と並ぶ映画祭である
東京フィルメックスで最優秀作品賞と観客賞を見事に受賞し、
苦労が実を結んだ結果となりました。
各国の映画祭でも絶賛の嵐!!

撮影は撮り直しなしの一発撮りで行われ、
一回のテイクに俳優たちのエネルギーがぶつかり合う、
題名の通り、息もできなくなりそうな緊迫した空気感がありました。

過去に父親の虐待によって母親と妹を亡くし、心に傷を負った取り立て屋のチンピラ、サンフン。
同じく、ベトナム戦争に出兵した父親と、
毎晩遊びにふける兄と3人で細々と暮らす高校生のヨニ。
二人が偶然のきっかけで知り合い、お互いに心を許し合っていく物語。

サンフンは兄弟分たちからも恐れられるほどキレると恐ろしく、誰も彼を止められません。
しかし高校生のヨニだけは、彼に対して生意気を言ったり、対等に振る舞います。
サンフンもヨニと会うときだけはいつのまにか彼女に対して心を開いていきます。
高校生とチンピラの交流を軸に、ヨニの兄や父、サンフンの腹違いの姉や子供、
取り立て屋のボスとのドラマも描かれます。

時に観る人が観れば目も当てられないほどの暴力描写。
登場人物それぞれが持つ葛藤、世代間の憎しみ、怒り、悲しみが
ごっちゃごっちゃに混ざり合って殴り蹴り暴言は吐き放題の、
一歩間違えれば暴力映画になりかねない勢いの映画です。
しかし、たまに見せるサンフンの人間らしさも非常に丁寧に描かれていて、
その部分が観客の心をぐっと捉えるのでした。
運命に翻弄され、どうしようもないもどかしさを抱える
生身の人間の姿が映し出されていました。

ヤン・イクチュンの心の葛藤があってこそ作りえた、
一人の人間が自分の感情と正面から向き合ったからこそ作りえた映画でした。

それにしてもポン・ジュノの「母なる証明」といい、
キム・ギドクやパク・チャヌクといい、韓国映画もあなどれません。
以前は、韓流映画なんて…とバカにしていた自分もいたのですが、
ポン・ジュノの映画を観てから、
韓国映画の見方が変わってしましました。
韓国の土地がそうさせるのだろうと思いますが、
彼らの撮る映画からはいつも、日本映画では表現されることのない
「生」へのエネルギーが感じられます。
「息もできない」は正にそんなエネルギーに満ち溢れた純韓国映画でした。
このまま行けばどこまででも疾走できそうな危なっかしさ。
韓国特有の危なっかしさを、日本の観客はどのように受け止めるのか
今から楽しみです。

「息もできない」の上映はまだ決定していませんが、
今後上映を検討していきたい作品のひとつとなりました。
(ryu)









2010⁄01⁄29(Fri) 19:05   未分類 | | | ↑Top
なぜか食べ物ネタに弱いです・・・


今話題の『午前十時の映画祭』
残念ながら当館ではできない企画なのですが、
ラインナップを見ると、お~すごい!と思わずうなってしまいます。

名作というカテゴリーではなく(名作じゃないということではなく)
過去のヒット作、つまり人気作品と言うことだと思いますが50本。

やっぱりほとんど見てるな~という作品群です。
「パピヨン」
「ライトスタッフ」
「アラビアのロレンス」
「裏窓」
「男と女」
なんてのは、やっぱりもう一度ちゃんと観たい作品。

でも、なんと言ってもびっくりして、うれしかったのは
「バベットの晩餐会」が入っていたこと。
もう絶対見なくちゃ!

この映画ビデオなどで2~3回見たけど、劇場で見たのかどうか
実は記憶があやしいのですが、暗い灰色の画面と淡々としたストーリーだけど、
印象的なシーンがいっぱいある。

観たあと満足感、充足感も覚えているのだけど、
それがいったい何に感動したのか、正直はっきりと言えない。

もちろん晩餐会をするわけで、その中に出てきた鶉のローストやら、海亀の!スープやら
そしてヴーヴクリコのシャンペンやらが、やたらとおいしそうで、
その食べている様子も面白くて、そのシーンも好きでした。
つまり「やっぱりおいしい物食べるのって幸せなことなんだよね~」っていう、
単に食い意地張ってる私にぴったり!ということで感動したのかもしれません。

が、やっぱり何かがあったはず、と思い起こしてみたのは、
その料理をした元パリの人気レストランの女性の生き方、だったのですよね。
ご覧になった方は、そんなことも分からないで観てたの?と
笑われそうですが、どうも、私にはその「おいしい映画」という印象だけが
記憶のかすの中に残っていたらしいです。
情けない・・・・

なにしろ、もう一度絶対に観ようと思います。
もし、まだご覧になったことがない方は、絶対におすすめです。

食べ物ネタと言えば、
今当館で上映中の「つむじ風食堂の夜」では、
「クロケット定食」「ステイク定食」というような、
おなじみの洋食ですが、なんとなくレトロというか昔風な感じの
シンプルな洋食が出てくるんです。
そして、この「クロケット定食」を当館1階のカフェアンバーさんが、
もうそのまんま、という感じで提供してくれています!
味ももちろん◎

このコラボ企画、マスターも楽しんでやっていただけました。
「つむじ風食堂の夜」上映中は、昼も夜もありますので、
ぜひ映画の前でも後でも食べてみてください!

こういう食べ物ネタの企画、これからもやっていきますね!

muro










2010⁄01⁄26(Tue) 14:00   シネマホール | | | ↑Top
映画業界も厳しいです


先日、東京出張で配給会社を4社回り、試写の後担当の方に挨拶と
計5社の方とお話しをしてきました。

大企業の倒産と違い、大きく報道されることもないので、
みなさんが知る機会はほとんどないと思いますが、
2009年は、実はかなり配給会社がなくなっているのです。
もともと、浮き沈み激しい業界で、会社の名前が変わったり、
吸収合併、逆にある会社の子会社として生まれたりすることは
よくあるようですが、それにしても、あ、あの会社が・・・ということが
起こっていたのです。

ひょっとしたら、あれ?あの会社の映画を最近見ないな、
と気がつかれる方もいらっしゃるかもしれませんね。
本当に映画業界もこの不況の中、厳しい経営を余儀なくされているのです。

それにしても、
とにかく各社営業の方にお会いして思うのは、
やっぱり本当に映画が好きな方たちばかり、ということ。

私も短い期間ですが、そのような会社の方たちと
フィルムの手配などでお話しをしていたのですから、
なんとも言えない悲哀を感じてしまいます。

私のようなほぼ素人が、何の因果か?この仕事を始めましたが、
そのような方たちお会いするたびに、映画を上映する場所にいるものとして、
一生懸命その方たちの思いを届けないといけないな、と改めて思いました。

そんな中、直接伺ってこれからの作品などのことをお聞きすると、
あ~、早くみたいな~、と思うものばかりで、ワクワクしてきます。

今年で丸3年のフォルツァ総曲輪。
やっと各配給会社さんから、それなりの認知をいただけるようになった、
と感慨深いものがあった、今回の出張。
これからも2ヶ月に一度くらいは、試写に行こうと思ってます。
これは!という作品は、いち早く皆様にお知らせしていきますね!

今回の試写は「優しい嘘と贈り物」という作品でしたが、
配給のピックスさんは、
「マルタのやさしい刺繍」「人生に乾杯!」とで
老人3部作と銘打ってます!と言ってました(笑)

長い間孤独に生きてきたと思っているロバートが、ある日美しい老婦人のメアリー
と出会い、いつしか二人はなんと恋に落ちる。が、実はロバートとメアリーは
本当の夫婦。認知症の夫に思い出して欲しいと仕組んだ嘘だった・・・

身につまされて、ちょっと胸が痛くなるようなお話しですが、
なんとも可愛らしく、優しいあたたかな映画です。
時期は未定ですが、どうぞお楽しみに!

muro



















2010⁄01⁄24(Sun) 16:07   シネマホール | | | ↑Top
映画の未来


先日の休みに、久しぶりに富山で映画三昧をしてきました。

「アバター」で3D体験、とっても観たかった「キャピタリズム マネーは踊る」、
そして「空気人形」の3本。

3D体験はまったく初めてでしたが、遊園地のような面白さがあって
あの滑空感?は楽しかったです。
でも、内容は「もののけ姫」「天空の城ラピュタ」「風の谷のナウシカ」
全部盛り込んでミキサーにかけて、「マトリックス」を加えた、という感じ、かな。
ハリウッド映画の未来はテクノロジーだけ???
ちょっと寂しい感じがしました。

そのあと、たまたま今度上映することを決めた「抵抗 死刑囚の手記より」というの
映画を観て、もうほとんどノックアウトでした。

監督はフランス映画界、いや世界のとも言える孤高の監督(プレスより)
ロベール・ブレッソンの初期の作品ということです。

とても不勉強な私は、名前だけはチラっと聞いたことがある監督ですが、
もちろん作品は一本も観てませんでした。
しかも、今回も積極的に見ようと思ったのではなかったのですが、
とりあえず観なきゃ、と思ってみたものでした。

内容は、1943年のドイツ占領下のフランス、リヨン。ドイツ軍に捕らえられた
フランスの青年将校は、監獄に入れられるが、脱獄を決意する。

こういう内容だと、普通は厳しい看守たちの動きと、
脱獄を企てる青年との動きを交互に追い、ハラハラドキドキの場面の連続、
ということになりそうだが、この映画の中では、とにかくこの青年の独房生活と、
他の囚人たちとの密かなやりとりだけが映し出される。
脱獄するための細かな準備、スプーンを削ってナイフにする、
それを使ってドアの羽目板を少しずつはずす、外に出たときの為のロープ作りなど、
とにかく細かく丁寧に繰り返しその過程を接写で撮りつづける。
観ている私たちも、その計画を一緒に遂行する気分になってくるし、
その青年が感じている緊張感が伝わってくる。

この映画に登場する人たちは、ほぼ全員が俳優ではなく、
いろんな実際の職業を持った人たちだという。
演技をすることを嫌った監督の意図だそうだが、
その試みは成功していると思う。
なぜかと言えば、このタイトルにあるように、
実際にあったことを映像化するということは、
あくまでもリアルな動き、表情が必要なのだと思う。

とにかく、映像、脚本、構成すべての完成度が高く、
さらに観ていて面白い。

60年以上前に制作さたこのモノクロ映画を観て、
映画の未来を考えてしまった。

この作品とさらにフランス映画の巨匠
ジャン=ピエール・メルヴィル監督の「海の沈黙」と
同時上映をします。
時期は4月下旬です。

絶対!絶対!絶対観てください!!

(muro)













2010⁄01⁄19(Tue) 21:04   シネマホール | | | ↑Top
あけましておめでとうございます!


みなさま
あけましておめでとうございます。
昨年に引き続き、今年もよろしくお願いいたします。

今年のお正月は年末からの大雪で迎えました。
帰省されていた方は、きっとやきもきされていたことでしょう。

それでも、私の子供のころ(数十年前ですね・・・)は、
お正月といえば、本当にすっぽりと雪に埋もれて、
どこにも行けないのが普通だったように思います。

なので、家の中では暮れから集まった親戚の大人や子供たちで、
百人一首、トランプ、はては花札なんぞをやっては遊んでいました。
それがお正月の楽しみでした。
神経衰弱、7ならべ、51、ページワン、大貧民などなど・・・
そりゃ楽しかったです。

こういうゲームの中から、相手の手の内を推測したり、
ちょっと意地悪をして引っかけてみたり、
いろんな知恵を学んだ様な気もするな~。
今、こういうゲームをしたりするんでしょうか?
機会があったらやってみたい気もします。

さて、
昨年当館で上映した映画は93本
皆さんは何作品をご覧になりましたか?

実績(1回あたりの入場者数)からの人気ランキングでは、
1位 ディア・ドクター
2位 マルタのやさしい刺繍
3位 好きだ、
4位 ブタがいた教室 
5位 無防備
6位 ラッシュ・ライフ
7位 ベルリンフィル 最高のハーモニー
8位 ココ・シャネル
9位 幼獣マメシバ
10位 消えたフェルメールを探して
11位 MILK
12位 石内尋常高等小学校 花は散れども
13位 人生に乾杯!
14位 ヤング@ハート
15位 ウルトラ・ミラクル・ラブストーリー
16位 メゾン・ド・ヒミコ
17位 未来の食卓
18位 休暇
19位 夏時間の庭
20位 私は猫ストーカー

とこんな感じです。
上映期間がバラバラなので、総入場者数では比較できないこともあり、
本当の意味での人気ランキングとは言えないかもしれません。

それにしても、「ディア・ドクター」は文句なしの人気実力とも
第1位は間違いなしと思います。
シネマファンの方は西川美和監督の新作ということでご覧になった方も多いのですが、
何と言っても鶴瓶さんや瑛太の魅力に負うことが大きいように思います。
でも、映画は間違いなく西川美和監督の脚本ありきの傑作でしたよね。

そして2010年を迎え、今年も年明けから話題作がいっぱいです。
映画は、いろんなことを教えてくれる最大の情報源です。
そして何より、生きることの悲しみ、苦しみ、喜びを教えてくれる
大きな学びを与えてくれる先生ともいえます。

今年も、皆様にすてきな映画の時間を過ごしていただけるように、
スタッフ一同一生懸命努力いたしますので、
どうかよろしくお願いいたします。

muro
















2010⁄01⁄04(Mon) 11:48   シネマホール | | | ↑Top

| HOME |

プロフィール

forzasogawa

Author:forzasogawa
FC2ブログへようこそ!

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

ブロとも申請フォーム

↑Top



Copyright © 2010 フォルツァ総曲輪日記. All Rights Reserved.

 Template by nekonomimige Photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。