FC2ブログ
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄--(--) --:--   スポンサー広告 | | | ↑Top
金子教授の映画学入門21


映画の醍醐味ーフランス映画のもう一本

「モリエール、恋する喜劇」にくらべると
小粒だが、もう一本のおすすめのフランス映画が
フォルツァ総曲輪で7/2まで上映されている「ユキとニナ」だ。

フランソワ・トリフォーの「大人はわかってくれない」のように、
子供を主役にした傑作が多いフランスならではの映画である。

9歳のユキ(母は日本人)とニナ、親の離婚に抗議して家出する少女たちの心のひだに分け入る。
少女の友情と成長の物語、森に癒され、心がほんのりとする映画である。
しかし、なんといってもこの映画の核は、少女たちが親の離婚に反対し、
何とか両親に離婚をとどまってもらうよに話し合うところにある。

もし、日本で同じような離婚による子供の思いを描くとしたら涙など情緒的に表現されているだろう。

だが、両親の離婚により今は母親と住むニナに促され、
ユキは自分の思いを言葉によって表現していくようになる。
語り合うことによって人間は理解しあえる、思いを察することを美とする日本文化とは対照的である。
そこには、子供観にも関わっている。
フランスでは子供は未成熟な大人、未完成なものという見方がある。


今、東京の神保町にある岩波ホールで上映されている「パリ20区ー僕たちのクラス」
国語の時間は読み書くよりも、デイベートが中心である。
教師は子供の自主性を育てると同時に規律や大人への敬意を教えようとする。
主人公の国語教師フランソワに反抗する子供は言葉で応酬する。
民主主義の根底は言葉で語り合うことだが、
学校現場でも徹底されており、感心した。
成績会議には教員だけでなく、保護者代表や生徒代表も参加して
成績や指導方法が論議されるのである。


一方「ユキとニナ」ではなかなか自分の思いを伝えられない。
ユキが、ニナともわかれ、森の奥で暮らそうと歩き出す。
森をつきぬけるとそこにに日本の農村風景があった。
文化的に対極にあるように思っていた国であっても、自然の営みは同じであることを告げている。

日本人の母とフランス人の父を持つ少女ユキが大人になるとは、
遠い西洋と東洋を近づける、そんな未来が託されているようだ。


金子幸代 研究室URL:http://160.26.62.22/hibun/kaneko/

スポンサーサイト






2010⁄06⁄29(Tue) 11:09   未分類 | | | ↑Top
雑学講座その1 若きショップオーナーたちのこだわり


雑学講座その1の2回目、3回目はチリングスタイル、林ショップという
若い男性オーナーのお話が続きました。

チリングスタイルは、市民プラザ1階にある雑貨屋さん。
ittalaやマリメッコなどフィンランドの雑貨中心のチリングスタイルの
大澤さんとはフォルツァ総曲輪オープン前に「かもめ食堂」を
上映した時からのお付き合いです。
モダンで工業製品でありながら、手作りのような温もりや懐かしさを
感じるフィンランドの食器やテキスタイル。鮮やかな色使いだけど、
派手さをあまり感じないむしろ落ち着いた明るさがありますね。
自身でフィンランドまで商品を見に行くという大澤さんのお話はやっぱりフィンランドのこと。
DSC_0523.jpg

講座があった時はちょうどittala Csfeというイベントの真っ最中で、
ittalaの食器を使ったランチやライブなどすてきなイベントだったようです。
今回の参加者にはカタログがプレゼント!
カタログ
これは普通はなかなか手に入らないレアものですぞ!
さすがにデザインもすてき!

さて、次は打って変わって日本の民芸品を扱う林ショップの林さん。
30年近く民芸品を扱っていたきくち民芸店を引き継ぎ、
若い感覚で日本の民芸品を紹介する林さんが、そもそも民芸品に惹かれたわけは?

おばあさまが民芸品が大好きだったという林さんは、
子供のころから、民芸品に囲まれた生活をしていたらしい。

そしてついに民芸品店を営むになったわけだが、
まだまだ学びの途中。
DSC_0548.jpg

学ぶ中ですでになくなってしまった手仕事を惜しみつつ、
今も形を変えて残っている日本各地の生活の中に生きてきたものたち。
これは会津宗像窯のにしん鉢を小さくして灰皿として使えるもの。

DSC_0551.jpg

灰皿だけじゃなく、あなたならどう使う? いろんな使い方で楽しめそうな焼きものです。

林さんは「ものに語ってもらわないと、まだ自分ではその良さを語りきれない」
ということでたくさんの民芸品(商品だけじゃなく、自宅で現在使っているものも)を
持ってきてくれました。
DSC_0554.jpg
DSC_0550.jpg

林ショップは、とっても小さいけどとても落ち着いてゆったりとできる空間。
なにか手にしっくりとなじんで、一緒に時間を過ごしていきたいな、
とそんな思いになるのが民芸品の魅力のようです。











2010⁄06⁄26(Sat) 16:19   未分類 | | | ↑Top
金子教授の映画学入門 20


映画の醍醐味ーフランス映画その1ー

フォルツァ総曲輪で上映されているフランス映画
まずは「モリエール、恋する喜劇」がおすすめだ。

そしてもう一本のおすすめのフランス映画が、「ユキとニナ」である。
フォルツァ総曲輪で7/2まで上映されている。

9歳のユキ(母は日本人)とニナ、親の離婚に抗議して家出する少女たちの心のひだに分け入る。
少女の友情と成長の物語、森に癒され、心がほんのりとする映画である。


さて、「モリエール、恋する喜劇」は、
シェークスピアと並び称される天才劇作家モリエールの
喜劇がどのように誕生したのかを描く。

若き22歳のモリエールを演じたロマン・デュラスがいい。
本作のリアリティをささえる要因はまずこのヒーローをあげねばならない。

俳優兼劇作家として旗揚げした「盛名座」は借金の返済ができず、
モリエールは、やむなく借金の肩代わりを申し出た金持ちの商人ジョルダンの演劇指南に雇われことになる。

若い未亡人にもてたいジョルダンは、モリエールに演技指導をこうことになるのだが、
17世紀フランスの貴族や実業家の実態がカリカチュア化されており、随所で笑いをさそう。

試みに書いたモリエールの戯曲をひろったジョルダンの妻エミエールは、
若き日の演劇体験時の楽しさを思い出し、少女のように昂揚する。

通俗なジョルダンは若い未亡人にうつつを抜かして
妻のエミエールを顧みないのだが、
モリエールは聡明で感受性豊かなエミエールに強くひかれていく。

この二人の出会いが後の喜劇作家モリエールの誕生につながった。
もちろん史実ではない。フィクションである。
しかし、そんなことがあったのではないか、あったら素敵だと空想させる。

空想にリアリティを与えているのが、俳優たちの演技力である。

それまではつつましく暮らしていたエミエールが、戯曲を読むことで忘れていた
娘時代の興奮を思い出す。貞淑な妻から恋を知った大胆な女性へと変身していく。
新しい女といえよう。

エミエール役のラウラ・モネッテイの円熟味のある演技、
そして狂言回し役のジョルダンを演じたファブリスキ・ルキーネの
軽妙な演技というように、脇をまとめる俳優陣のアンサンブルがとてもいい。

衣装や豪華な貴族の館など、観客を一気に17世紀へと導く装置も充実している。
まさに映画の醍醐味を味わえる映画だ。

さらに場面、場面での話がモリエールの喜劇を下敷きにしており、
モリエールファンにも満足できる仕掛けが随所にある。

映画館の大画面でこそ味わいたいぜいたくな映画のつくりである。

金子幸代 研究室 http://160.26.62.22/hibun/kaneko/










2010⁄06⁄22(Tue) 23:54   未分類 | | | ↑Top
「アンを探して」御一行様


今からちょうど一週間前、
フォルツァ総曲輪のライブホールではoravoの音楽vol.16が開催され、
「モリエール」、「時をかける少女」と映画の方も盛況で、
なにやら忙しくなりそうな一日でした。

そんな中、福井からはるばる富山のフォルツァ総曲輪まで
キャンペーンのために駆け付けた方が3人おられました!!
それは、今年2月の末に当館でも上映した「アンを探して」の
監督、プロデューサーの3人だったのです。
わざわざ上映館を一館ずつ周るということは、
映画製作側にとっては前代未聞の行為なのではないでしょうか?
この3人のバイタリティーはすごいです。
そして、それと共に映画「アンを探して」における
3人の熱意がびんびん感じられます。

てんとむし

なんと3人はこの写真の車(名付けて『てんとむし』)で、
日本中の「アンを探して」上映館を、挨拶周りしているそうで、
キャンペーンプロジェクトの名前は「7,000キロの旅」!!
アンを探して

チーフスタッフの室伏と、「赤毛のアン」のファンでこの日のために魚津から駆け付けたTさんが、
はるばるやってきた3人を歓迎し、テーブルを囲んでの和気あいあいとしたトークに花を咲かせました。

集合
写真右から当館スタッフの室伏、魚津から駆け付けたというTさん、
「アンを探して」宮原監督、プロデューサーのユリさん、
プロデューサーのクロード・ガニオンさんとなります。
ん?クロード・ガニオンという名前、どこかで聞いたことないですか?

ネットで検索すると、なんとクロード・ガニオンさんは映画監督!!
しかもあの両足切断の少年の日常を綴った傑作「ケニー」を撮っていたなんて…
知らなかったです…
3人ともグッド・バイブレーションで
楽しくて仕方がないといった様子でした。
とても興味津津に、フォルツァ総曲輪内を見学!!

地図
これまで行ってきた映画館を記す日本地図。
沖縄から北海道へ、まだ旅は中盤です…

この3人の旅は「アンを探して」のHPのブログに一日一日丁寧にアップされており、
ひとつひとつの日記が結構おもしろいです。
全国各地のミニシアターの様子を伺うことができて、僕にとってはとても刺激的でした。
気になる方はぜひご覧あれ!!
blog「アンを探して」と行く7,000キロの旅
→ http://blog.goo.ne.jp/anne_partners/








2010⁄06⁄13(Sun) 18:01   未分類 | | | ↑Top
女子カメラ部 始動!


「スコーラ・フォルツァ 女子カメラ部」が部活を開始しましたぁ~!

カメラ部部長 徳光”ノーリー”典子さんは、県内外で活躍する写真家先生!
徳光さん


部長の出身は大阪。
部活中は、軽快な関西弁の一人ボケツッコミ(これって関西人のお約束だし)で、
カメラ部部員8名の心をしっかりキャッチしておりましたぞ~。
DSC_0509.jpg

部員が持ち込んだカメラは様々。
デジカメはもちろん、フィルム仕様の方も、
DSC_0508.jpg

そして・・・なんと、「大人の科学」に付いてた付録のカメラも登場。
DSC_0510.jpg


つまりですね~、講座っていうと何だか堅っ苦しくなちゃうけど、
そんなんじゃなくて、写真の撮り方だったり、カメラを通した自分の表現方法を
み~んなでワイワイ言いながら楽しく学びましょ!ってことですよ。

部活後半は、課外活動なんかも予定してたりするし、
いやはや、何とも楽しいそうな部活になる予感ですよん♪








2010⁄06⁄06(Sun) 15:14   未分類 | | | ↑Top

| HOME |

プロフィール

forzasogawa

Author:forzasogawa
FC2ブログへようこそ!

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

ブロとも申請フォーム

↑Top



Copyright © 2010 フォルツァ総曲輪日記. All Rights Reserved.

 Template by nekonomimige Photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。