FC2ブログ
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄--(--) --:--   スポンサー広告 | | | ↑Top
やさしい嘘と贈り物~あなたにも起きるかもしれない~


やさしい嘘と贈り物
60歳、シニア世代も目と鼻の先になった自分にも、
現実味を帯びたテーマの映画だ。
認知症やアルツハイマーは、だれもがこの病気だけにはなりたくない、
と思うのではないだろうか。
「病気」なのだ、という頭ではわかっていても、
実際に家族や配偶者がそうなってしまった時は、
おそらく戸惑いと自分の人生がなくなってしまうような、
そんな思いにとらわれるからだと思う。

映画の中では、妻や息子や娘が、本当の過去や自分のことを
すっかり忘れてしまった父親をやさしく見守りながら、
そうなってしまった父親の「今」を受け入れ、その中で
一緒に寄り添っていこうとする姿が描かれている。
しかし、そう簡単に『嘘』の世界は続くものではない。
いつか矛盾が生じ、父も混乱し、結局は
その束の間の幸せも危うくなる。
でも、映画の中はそんな現実も、老いらくの恋?
と思わせるようなファンタジーのような幕開けから、
最後はお互いがどんな状況になっても深い絆で結ばれた夫婦の姿を描いている。

現実はどうなのだろう?
デイサービスの介護の現場から、
そして「ぼけ老人」と言われていた時代から、
認知症、アルツハイマーの人の人権やその家族を支える会から、
野入さん、勝田さんそして特別ゲストとして、
奥様が若年性認知症を診断されたという山本ご夫妻にもご登壇いただき、
今の認知症やアルツハイマーの方たちがおかれた現状を語っていただいた。

DSC_0584_convert_20100729145602.jpg

勝田さんは、長年認知症、アルツハイマーの人たちを見てきたこと、
その家族がどのような苦労をするのか、それを今の制度はどこまでサポートできるか
という具体的な話がありました。

野入さんは、老いていく家族を今の家族は、なかなか支えていくことができない、
老いや死を忌むべきものとして感じている人が多く、とても悲しい状況であること。
自分たちの活動が、しっかり老いも病も死も寄り添っていけるようにしたいと話してくれました。

何と言っても、山本ご夫妻のお話、特に若年性認知症という病であることを
ためらいなく公言しながら、周りの理解を得ながら、看護士という仕事を
できる範囲内で今でも続けていること、夫に助けてもらいながら家事をこなし、
家族の会の活動も手伝っているということを淡々と語られます。
ご主人も、認知症の知識はまったくなかったそうですが、
そういう診断をされた妻を、仕事を半分にする決心をして、
家事を手伝いながら、サポートする生活にシフトされたとのこと。
旅行好きなお二人は、国内のドライブ旅行はもちろん海外旅行にも積極的に
出かけていらっしゃるそうで、本当に今の生活をエンジョイされている様子でした。

そんなお二人ですが、ご主人が妻の病を知った知人や仕事上のお客様から、
「大変だね~、でもちゃんと面倒見てあげてね」と言われた時は、
とてもうれしかったと、少し涙をこぼされた時は、
やはりそのことを受け入れた時の気持ちを思うと、思わず目が熱くなりました。

DSC_0591_convert_20100729145806.jpg

そして最後に野入さんと勝田さんが同じことをお話されました。
認知症の方は、確かに記憶という点では病気かもしれないが、
人に対する感度は逆に鋭くなっていて、介護してくれる人や声をかけてくれる人が
本当に優しい人であれば、素直にお話を聞いてくれたり、頼んだことを
してくれるが、言葉だけ、表面だけの優しい人には、抵抗したり、暴れたり言うことを聞いてくれない、
そんな鋭い感性をもっているということです。
野入さんは、スタッフに「あなたたちは試されているんだよ」といつも言っているそうです。

その言葉は、自分にも突き付けられたような気がしました。

でも、山本さんご夫妻の互いを認め合い、労りあい、尊重しあう姿に、
本当に元気と勇気をいただいて、とてもさわやかな気持ちで終了することができました。
自分が企画した今回のトーク。一番自分が感動していたのかもしれない。
勝田さん、野入さん、山本さん奥様、ご主人。
本当にありがとうございました。









スポンサーサイト






2010⁄07⁄29(Thu) 16:13   シネマホール | | | ↑Top
雑学講座その1最終回はこの人!


スコーラ・フォルツァ雑学講座その1の最終回は
WIG・WAMの寺林さん。

WIG・WAMは本願寺西別院駐車場入り口前にある、レトロな建物を生かしつつ
アメリカンネイティブのファッションや雑貨といっても、
なんだかいわくありげな、ちょっと格が違うな?って思わせるクオリティのものが
飾られているショップです。

そのオーナーである寺林さんのお話は、絶対に面白いからという
評判にたがわず、というかそれ以上に興味深いお話でした!

DSC_0573_convert_20100724202440.jpg

これまでの講師の方は資料や見本などを見せながらお話されていたのですが、
寺林さんは身一つ?で登場。

まずはアメリカ大陸が発見されるまでのこと、そこにいた原住民が、
インド人に似ていたことからインディアンと呼ばれるようになったこと、
現在はネイティブアメリカンと、もともとアメリカ大陸に住んでいた人たち、
という本来の呼び方になったこと。

さらに、ネイティブの人たちの一番の装飾品であるビーズのルーツをたどる歴史の旅。
なんとそのルーツはイタリアのガラスにあったようです。
アフリカでの奴隷売買に利用され、アフリカ人の宝になったビーズ。
そして奴隷として連れて行かれたアメリカで、さらにアフリカ人とネイティブアメリカンの
物々交換によって、ビーズがネイティブの人たちに渡り、さらにそこでネイティブの人たち
により、自分たちの宝物としてビーズの装飾が始まったという世界をめぐるビーズの旅。

さらには南北戦争が起こったいきさつ。
ゴールドラッシュによる西部開拓の過酷な旅。
そして、金を目指して世界中から集まったところがサンフランシスコという街。
たった7000人から一気に16万人に膨れ上がった街に起こった文化が
カウボーイ文化。

ゴールドラッシュの騒ぎが落ち着いて、世界中から来た人がそこに住みつき、
中国人が多く集まる街がチャイナタウンとなった。
しかも、この人たちが次第にアメリカでブドウを育てたところから、
アメリカのワイナリーのオーナーが今でも中国人がとても多いということ。

アメリカに国宝はないと言われるが、
アメリカンクラフトとして素晴らしいアートとして残っているのが
インディアンジュエリー、絨毯とポットといわれる焼き物だそうです。

ニューメキシコなど砂漠地帯で観る星空や壮大な大自然が
独特のアートを作り出したと寺林さんは言います。

こんな風に、ニューヨークやロサンジェルスなどの大都会をイメージするアメリカとは
全く違うディープなアメリカの歴史や文化。
一見こわもての寺林さんの、そのようなアメリカをこよなく愛する
熱い思いが途切れることなく語られる物語に、すっかり聞きいってしまいました。

最後になんと寺林さんから参加者にプレゼント!
それは日本ではまず普通では手に入らない2ドル紙幣。
その裏には、独立を宣言する署名の場面が描かれています。
DSC_0576_convert_20100724203238.jpg
DSC_0577_convert_20100724203533.jpg
DSC_0577_convert_20100724203533.jpg

というわけで、雑学講座その1は無事終了したところで、
参加者のみなさんからアンケートをいただきました。
お答えの中には、「街なかの底力を感じた」というコメントもあり、
専門家としてのショップーオーナーのお話には、やはりこだわりと愛着と
もちろん専門的な知識と、そしてそれぞれ強烈な個性を持ったオーナーさんたちの
パワーに触れていただいたようです。

企画しました私としてはとってもうれしいことでした。

さて、第二期の雑学講座は「男前講座」ということで、
男性限定となっていますが、男性のみなさまには、ちょっと敷居が高い?
と感じられているのでしょうか?

そんなことは全くないので、気軽にご参加ください!
男だっておしゃれ心は持ってほしいし、それなりに基本を押さえておくことは
とっても大事だと思います。

素敵だなって思える人は(男性でも女性でも)、表には出ない努力を
ちゃんとしているものですよね。
そんな「素敵な人」になる第一歩と思って、ぜひご参加ください!
お待ちしてます!













2010⁄07⁄25(Sun) 13:55   未分類 | | | ↑Top
片原朋子プロデューサー来館!


来月8月14日から公開の「トロッコ」のプロデューサー片原朋子さんが
メディア向け試写会のために来館され、挨拶と作品紹介や制作についての
エピソードを語っていただきました。

DSC_0571_convert_20100724202233.jpg

片原さんの父上のご実家が富山市今木町にあり、
子供ころの夏休み、年末年始はいつも富山に来て過ごされたそうです。
幼馴染も多く、総曲輪は遊び場?で、いつも友達と来ていた場所ということです。
そんな御縁もあり、「トロッコ」の富山での上映には熱が入り、
ひとりでも多くの方に観ていただきたい!と
22日から25日までの富山滞在中に精力的に、新聞取材やラジオ出演などを
こなしていただきました。

片原さんは、中国の北京電影学院に留学され、
中国での映画製作を学んだあと、日本に帰ってからは、
映画製作会社で宣伝や中国での映画撮影での通訳などの現場経験を生かし、
現在はプロデューサーとして活躍されています。

富山では、初監督する若い映画人のために、
県内でのロケーションも検討中ということで、
ロケハンの情報収集もされていました。

その時には、当館での映画製作講座の受講生の方にも、
お手伝いいただく機会があるかもしれません。

フットワーク軽く、かつ映画への熱い思いを語る片原さんと
今後もご縁がつながっていきそうなう予感です!






2010⁄07⁄24(Sat) 20:51   シネマホール | | | ↑Top
雑学講座その2 シンデレラの靴はあっても魔法の靴はない


雑学講座その2の第4回目。

今回の講師はMATSUI+EUROPAの松井誠さんでした。

人呼んで「靴のソムリエ」と呼ばれる松井さんのお話は、
良い靴の条件、美しく見える靴、サイズのこと、そして靴の事だけじゃなく、
毎年2回は訪れるドイツやイタリアなどのお話がどんどん広がって
とっても楽しい時間になりました。

良い靴の条件は、やっぱり木型にあり。
でも、その木型も、人間の重心の芯をキチンととらえたものでないと
履いて安定するものではないということ。
靴2

その芯を長年の研究と天文学的な計算でつきとめた木型を
ドイツのメーカーで作っているのだそう。

その木型で作った靴を履くと、少々サイズが合わなくても、
ヒールが高くても、ミュール(かかとのない靴)でも
しっかりと安定して履けるそうです。

興味津津の参加者の方が、次々に履いてみては、
そのヒールの高さにもかかわらず安定しているのにびっくり!
こういう安定した靴を見つけるコツは、
片足で立って、グラグラしないかどうかなのだそうです。
靴

自分の靴と比べると一目瞭然!
わ~すごい!みんなさらにびっくりです。

そしてよくインポートの靴の表示がいろいろで、
実際何センチなのかよくわからないことありませんか?
フランス、イタリア、ドイツ、イギリスで、それぞれの
単位がありますが、その単位の決め方が、実は大麦と小麦の数なのだそうです。
時の王様が気まぐれで?決めた単位が、何百年もそのままい使われている、
というのも面白い!
そのサイズを正確に測った表をいただいたので、
こんど買い物される時は、お店の人もはっきりと知らないことが
多いそうなので、自慢できるかも!

松井さんは、イタリアやドイツのメーカーと一緒にデザインや
皮の質、色などを考えて作るそうです。
そうやって作ったのがこの靴で、毎年色を少しずつ変えるそう。
そして、どんなに売れても60足しか作らない、というのもこだわりだそうです。
この靴もイタリアで大ヒットした1足。
真ん中の金具はイタリア人のアイデアだということで、
いかにもイタリアらしいしゃれていて、しかもとっても履きやすい靴。
色もすてき!
靴3

なんかイタリア人になった気分ですよね~

さらに、靴を履いて足が臭くなるのは、
中の皮が合皮かブタ皮だからだそうです。
本当に良い靴は、中のもしっかり皮になっていることを確認するといいそうです。
そういう靴は、蒸れることが少なく、中も臭くならないそうです。
お試しあれ!

















2010⁄07⁄12(Mon) 18:42   未分類 | | | ↑Top
カラヴァッジョとその絵画の魅力に迫る!


カラヴァッジョとその絵画、なにを最も描こうとしたのか、
専門家もなかなかその核には触れることは難しいらしい。

4日に開催したトークライブで、トークゲストの丹羽先生は、
まずカラヴァッジョの絵のキーワード挙げられた。
映像・ヴィジョン・ルミニスム・リアリズム・五感(視・触・聴・味・臭)
新プラトン主義・二つの世界ということです。
カラヴァッジョ


カラヴァッジョの絵は今の3Dを先取りしているかのような、
いわゆる遠近法で奥行きを表現するより、前に飛び出す、
つまり見る側に飛び出してくるかのような表現になっているという。
そしてこれは、とても映像的で、カラヴァッジョこそ映画で表現するに
ふさわしいということだそう。

そしてもちろん映画の中でもその瞬間を描いていますが、
明と暗、光と影に、見えるものと見えないもの、
さらには虚構と現実をその明と暗の部分に描こうとしていたのではないかと。
カラヴァッジョ2


映画の中でもカトリック教会のスペインとの勢力争い、
プロテスタントの勃興など、キリスト教社会が権力抗争の舞台と
なっている時に、カラヴァッジョの絵は、時に絶賛されますが、
時に人々を驚愕し、ある人たちにとっては脅威となる表現になっていた・・・


カラヴァッジョは、荒くれ者としょっちゅういさかいを起こしては、
パトロンである有力者に救われますが、結局殺人を犯し、
追われる身となります。
先生は、殺人を犯したと言っても、それほど身分の高い男を殺した
わけでもないのに、法王までが関与する事件になることなど、
あるのだろうかという疑問を呈していらっしゃいました。

映画の中では、特に日本人である私たちには、今ひとつ理解することは
難しいのですが、キリスト教社会においてカラヴァッジョの存在は
天才画家ではあっても、描くその表現において、
カトリックの教義を脅かすような、ある意味危険な人物だったのではないか、
そんなお話でした。

カラヴァッジョの絵は、映画の中にもたくさん出てきますが、
一番先生が注目されているのは、「ロレートの聖母」です。
貧しい夫婦がやっとたどりついたマリアの家。
彼らを迎えるキリストを抱いたマリア。
そのマリアの姿は、実際に見えるものではなく、
この夫婦だけが見える虚構の世界なのですが、
しかし、カラヴァッジョにとっては、それこそが実の世界なのだ・・・

ぜひ、機会がありましたらカラヴァッジョの本物の絵を見たい!
という思いがわいてきます。

まずは、映画をどうぞ!















2010⁄07⁄12(Mon) 18:18   シネマホール | | | ↑Top

| HOME |

プロフィール

forzasogawa

Author:forzasogawa
FC2ブログへようこそ!

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

ブロとも申請フォーム

↑Top



Copyright © 2010 フォルツァ総曲輪日記. All Rights Reserved.

 Template by nekonomimige Photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。