スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄--(--) --:--   スポンサー広告 | | | ↑Top
「うまれる」豪田トモ監督トークライブ


3月はトークライブが続きます!
6日日曜日は、「うまれる」の豪田トモ」監督の来館で、
映画「うまれる」が産まれるまでを語っていただきました。

実は、私はとんでもない勘違いをしておりました。
配給会社マジックアワーのK氏に監督の舞台挨拶を打診したところ、
「いや~、監督はこの映画の直後に出産されて、今子育て真っ最中なんですよね~
あ、でも2月、3月になれば落ち着くと思うので、ダイジョウブじゃないすかね~」
というお返事でしたので、もう、てっきり女性だとばっかり思ってたんですよね。
だってお名前も『トモ』さんですし・・・

というお話をトークの最初にさせていただきましたが、
やっぱり時々間違われるそうです。
実物は、とにかく優しいオーラあふれる誠実な人柄のステキなイクメンパパ。

映画が好きで、映画監督になりたい!と思っていたのに、
大学卒業まじかになって、映画監督ってどうやったらなれるの?
という疑問に誰も答えてくれない。
これは、映画監督になるには現実を見よ、ということかと、
サラリーマンになったものの、会社勤めもやっぱり身体に合わない。
意を決して、映画監督になるゾと、単身カナダのバンクーバーの映画学校に入る。
豪田トークライブ1
2年間学んだが、まだまだそれでは一人前にならないと、
さらに2年間とどまり、映画作りを手伝いながら、
自分の映画も作ったりした。
その間の費用は、不思議にいろんなラッキーな出会いや元上司の支援で得られたそうです。
しかし、4年間のカナダでの貴重な経験も、
13年間の結婚生活と引き換えになってしまったそう。
離れ離れで暮らし、映画作りに夢中になっていたことで、
次第にパートナーの心は離れていた・・・そしてついに離婚。

そんな辛い経験もあるトモさんは(監督って呼んで欲しくないのだそうです)
もともと、両親との関係もうまくいっていなかった。
自分が両親から愛されてないのではないか、
だから自分とパートナーの関係もうまくいかなかったのかも、
結婚も子供を持つことなんてとてもできない・・・
そう思っていた時に、仕事で行った講演会で産婦人科医の池川明のお話
「3歳までの子供の30%は胎内記憶がある」「子供は空の上で親を選んで産まれてくる」
というとんでもない話!!!と思いながら、なぜか強烈に感動している自分。
そうか! 自分はこんな両親を選んで産まれてきたのか!!
という思いと同時に、両親のことが理解できてきたのだそうです。

それから「命の誕生」についてもっと知りたいという思いから
この映画「うまれる」をつくることになったのです。

そして、取材のために50組以上のカップルに会い、
10回出産に立ち会ったということですが、
この映画を単に出産映画ではなく、
自分と親、自分と子供、自分とパートナーの関係を見直すきっかけになる
映画にしたい、そんな思いがわきあがってきたということです。
豪田トークライブ2

この映画には、
出産を控え、出産し喜びのカップルから、
出産予定日にお腹で赤ちゃんの心臓が止まってしまったカップル。
何年も不妊治療をしても授からない夫婦、
障害を持って生まれた子供を育てるカップル
と4組のカップルが登場します。

それぞれの喜びだけではなく、大きな哀しみや痛みをも
語り、映しだされてる4組のご夫婦とその子供たち。
トモさんとみなさんとの信頼関係がないとできないことです。
実際撮影後は、子供たちに何か異変があると、
すぐにトモさんに連絡をくれるそうです。
そう言えば、18トリソミーの虎ちゃんは、なんと2歳の誕生日を迎えたそうです!
まさに奇跡の命ですよね!

公開直後に、女の子を授かったトモさん。
とにかくかわいくて、子育てがこんなに楽しいものだなんて!
子育ても大事だけど、パートナーとの関係も大事にしたいと、
月に一度は両親にお子さんを預けて、デートをするのだとか。
この映画のおかげで、両親や自分の子供、そしてパートナーへの
感謝の想いでいっぱいということです。
これからも「命」をテーマにした映画作りをしていきたいと、
優しい中にも、しっかりと自分の進む道を目指す真剣な目が輝いていました。


さて、この1週間ずっとママシネマをしていますが、
毎日赤ちゃんや小さな子供さんがいっぱいです!
ママシネマ1
歩ける子はスロープを走ったり、ごろごろしたり、お友達と元気いっぱい!

ママシネマ2

まだハイハイの子は、おもちゃで遊んだり、だっこしてもらったり。
託児のお手伝いをして下さったのは、魚津市で活動するグループ子育て「はぐくみ」
のみなさんです。
自主上映会も企画されている「はぐくみ」のみなさんも、
今回のママシネマでたくさんの仲間を見つけたそうです。
こういうのはうれしいなあ。
ここから、いろんな人のネットワークが広がっていくようで。

これも「うまれる」という映画がつないでくれたように思います。
この映画の自主上映会の企画もあると聞きました。
どんどん「うまれる」のメッセージがつながり、広がっていくようです!


スポンサーサイト






2011⁄03⁄08(Tue) 22:15   シネマホール | | | ↑Top
ハーブ&ドロシー アートトークライブ


今日から公開のドキュメンタリー作品「ハーブ&ドロシー」
元郵便局で仕分けをしていたハーブと図書館の司書だったこの夫婦は、
つましいサラリーの中からせっせと大好きなモダンアートを買い集め、
40年間になんと4000点以上のコレクションになり、
ニューヨークの1LDK!!の小さなアパートは「楊枝1本の入る隙間もなくなった」
ことから、1992年にナショナルギャラリーに寄贈されることになった・・・
というニュースは、アート好きのみならず、現代のおとぎ話として、
全米の人たちを驚愕させたという。

そのハーブ&ドロシーのアートな?生活を追ったドキュメンタリー作品。
映画は、今ではモダンアートの巨匠となった人たちが、まだ無名だった頃に、
ハーブ&ドロシーは彼らの作品の素晴らしさを見出し、
そしてコレクションしていったいきさつを描く。

さて、映画の中身はとにかく観ていただくとして、
本日は、関連企画として、県立近代美術館の係長八木宏昌氏による
アートトークライブ「モダンアートって? アートコレクターってどんな人たち?」
を、上映終了後に開催した。
DSC_0016_convert_20110305162734.jpg
DSC_0017_convert_20110305162958.jpg

アートって、何か敷居の高い感じで、
お金持ちが、有名な作品を買って、玄関とか応接間に重々しく飾ったり、
ステータスシンボルのようなイメージがあるけど、
もっと、身近に楽しんでもいいんじゃないの?
そう、ハーブ&ドロシーのようにどん欲にならなくてもいいけどね、
というお話。

美術展は行くことはあってもなかなかギャラリーって入りにくい・・
というのもあるよね。
ところが、最近はアートフェスというのが大人気だそう。
大きな会場に(時にホテルのフロアを貸し切って)いろんな画廊が軒を連ね、
その画廊一押しの有名無名の作品を並べて見せるというものらしい。
そこでは、賞をとったりした結構注目のアーティストの作品が、
ナニゲに2000円とかで売っていたりするということだ。
う~ん、これは行ってみたい!!

東京だけでなく、大阪や京都でも年中開催され始めた、ということなので、
ちょっとチェックして、ハーブ&ドロシーするのも面白いかも。

さて、最後に八木さんのお宝?披露ということでもないけど、
この映画にも出てくる超有名アーティストのクリストから来た、
映画でてくるカーテンの作品の展覧会の案内状
DSC_0019_convert_20110305163145.jpg

そして年賀状!!!
DSC_0020_convert_20110305163337.jpg

キャーって感じで思わず写真撮っちゃいました。
クリストは富山にも来たことがあって、その時に八木さんは大変親しくなったらしい。
学芸員ていいね~

そして、八木さんの最近のお気に入りのアーティストの作品
「ニッポン画」家の山本太郎さんの小品。
DSC_0021_convert_20110305163545.jpg

この方も最近賞をとったので、価格が急上昇?らしい。
つまり、有名じゃなくても、こまめにいろんな作家の作品を見に行くこと、
その中で、好きなだな~と思えば(高くなりそうとか、有名になるらしいとかじゃなく)
買って、側において、毎日眺めてみてはどうかと。
それが、アートの本当に楽しみ方じゃないの?
というご提案でした。

そう、ハーブ&ドロシーのように、部屋がアートで満載になるまで、
とまでは言わないけど、とにかく自分の暮らしの中にどんどん取り入れてこそ、
アートも自分のものになるんでしょうね。







2011⁄03⁄05(Sat) 17:09   シネマホール | | | ↑Top

| HOME |

プロフィール

forzasogawa

Author:forzasogawa
FC2ブログへようこそ!

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

ブロとも申請フォーム

↑Top



Copyright © 2011 フォルツァ総曲輪日記. All Rights Reserved.

 Template by nekonomimige Photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。