スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄--(--) --:--   スポンサー広告 | | | ↑Top
金子教授の映画学入門23


小さな哲学者
フランスの幼稚園で行われている
「子どもたちの哲学の授業」を追った
ドキュメンタリー映画『ちいさな哲学者たち』がおもしろい。

フランス・パリ近郊の教育優先地区ZEPの
小さな幼稚園で
実際に行われている実験授業だ。

3歳から5歳の子どもたちが
受ける哲学の授業。
それはロウソクに火が灯るとはじまる。

「愛とは?」
「自由とは?」
「大人はなんでもできるの?」
「豊かということは?」
「死ぬのは怖い?」などなど

大人でも思わず考え込んでしまう問いに
子供たちが答えていく。
哲学の授業をきっかけに
子供たちの家庭にも波及していく。

2年間にわたり哲学を考える事によって
子供たちがどんどん深くものを考えて言葉にしていく
その変化に観客も引き込まれる。
大好きなフランスのドキュメンタリー映画
『僕の好きな先生』と同じナレーションなしの手法。

子供たちの可能性の豊かさ、
子供たちの考える力を引き出す
教師力が問われる映画だ。
子供たちの真剣でチャーミングのまなざし、
希望を育む教室、日本にも必要だ、

多くの人に見て、考えてほしいドキュメンタリー。

金子幸代 
金子研究室http://160.26.62.22/hibun/kaneko/

スポンサーサイト






2011⁄11⁄21(Mon) 21:26   未分類 | | | ↑Top

| HOME |

プロフィール

forzasogawa

Author:forzasogawa
FC2ブログへようこそ!

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

ブロとも申請フォーム

↑Top



Copyright © 2011 フォルツァ総曲輪日記. All Rights Reserved.

 Template by nekonomimige Photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。