FC2ブログ
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄--(--) --:--   スポンサー広告 | | | ↑Top
金子教授の映画学入門24


ジョン・レノンニューヨーク
1980年12月8日にファンと称する人物の凶弾で亡くなった。

「もし、皆が新しいテレビの代わりに平和を要求するのならば、平和が実現できるだろう」
「解決できない問題なんてないさ」 「幸せになることに躊躇してはいけない」
「人の言うことは気にするな。『こうすれば、ああ言われるだろう・・・』こんなくだらない感情のせいで、どれだけの人はやりたいこともできずに死んでいくのだろう。」
「愛とは、育てなくてはいけない花のようなもの」
「結局、あなたが受け取る愛はあなたが与える愛に等しい」


没後30年以上を経た現在も輝きを失わないジョン・レノン。
最後の9年間を過ごしたニューヨークでの生活を追ったドキュメンタリー映画だ。
監督は、マイケル・エプスタイン。オノ・ヨーコの全面協力のもとに完成した。
本人の発言はもちろんのこと、プロデューサー、ジャック・ダグラスや
ミュージシャン仲間のインタビューによって等身大のジョン・レノンの姿が浮かび上がる。
音楽への情熱そして平和への行動が刻まれている。


ロンドンでの生活は、
妻のオノ・ヨーコへのバッシングの嵐がすさまじかった。
ニューヨークで初めて自由に二人の生活ができ、
自身の音楽活動にも専念できるようになった。

ベトナム戦争反対の集会でのコンサート活動、
国外追放になるかとおびえながらも
最後まで愛したニューヨークに留まった。
ついに市民権を獲得することになるのだが。

今回のドキュメンタリーで一番驚いたのは
1973年9月から1975年の1月までヨーコと別れ、
ロサンゼルスで生活していたことだ。

そしてロサンゼルスの家にはポールや
最先端のアーティストが訪れる。
刺激的な生活だつたが次第に酒におぼれるようになる。
その破滅的な生活に終止符を打ち、
ヨーコとの復縁を取り持ったエルトン・ジョンの
最新インタヴューがいい。

妻であり母であったヨーコの存在にも改めて光が当てられるいる。
ヨーコの存在がジョン・レノンの言葉と音楽を紡ぎだしていく
源泉になっていたことがわかる。

ヨーコと再び暮らし始めたジョン・レノンの新曲もいい。
ショーンが生まれ、イクメンに専念し、ふつうの生活を取り戻していく。
そこからまた新しい曲が生まれる。
再生への曲が。
新たな曲作りに取り組んでいた矢先の死だけに惜しまれてならない。

このドキュメンタリーの良さは、
何よりも曲作りに打ち込むジョンの歌声・音楽の魅力にある。

今、ジョン・レノンが生きていたらどんな曲を作るだろうか。
「ホワイトクリスマス」を聴く度に思う。

金子幸代
金子研究室http://160.26.62.22/hibun/kaneko/

スポンサーサイト






2011⁄12⁄17(Sat) 20:54   未分類 | | | ↑Top
中学生男子、ジョン・レノンを見る


ジョン・レノン ニューヨーク は今日が最終日です。
みなさんご覧になりましたかね?

いろんな想いを抱いてご覧になる方も多かった作品です。
特に男性の方は、途中で号泣しそうになったとか、
「woman」のところで、ついにたまりかねて、
涙腺全開になってしまったとか、
女性の方にとっては、その頃の恋の思い出や、
反戦運動盛んな時の苦い思い出がよみがえってくるとか、
まさに、ご自分の青春時代?と重ねられているのかもしれません。

私自身は、主夫時代のジョンの父親としての姿に、かなりやられました(笑
だからこそ、父をあんな風に亡くしてしまった幼いショーンの心の傷を思うと、
ジョン・レノンというスーパースターの悲劇というよりも、
そのことに強く痛みを感じた映画でした。

そんな中、中学生男子3人組がこの映画も観てくれていました。
そして、ちょっとはなをすすっていたような様子もあったようです。

どの部分で、どんな想いが彼らをそんな風に感動させ、
思わずウルウルさせたのか、ちょっと聞いてみたい気がしますね。

でも、そんな気持ちをきっと彼らはうまく表現できないだろうし、
今のその気持ちを大事にして、いい大人になっていってね、
というのが本当だろうと思います。

なにより、1人ではなく、3人で観たというのが、きっといい思い出になるのではないでしょうか。
終わったあとどんな話をしたのか。きっとそんな話はしてないんじゃないか、
そんな気がしますが、それは話をしたくなかったのではなく、
それぞれに、暗い映画館の中で、互いに涙ぐんでいる友達のことも感じながら、
同じ感動を共有したという、映画とは別の熱い思いがあり、
それは口には出さずにしまっておきたい大切なものだからかもしれません。

まあ、そこまで想像するのはおせっかいなのかもしれないので、ここらへんでおしまいにしましょう。

つまり、こういう出来事に思わず大げさな反応をしてしまうというのも、
今の映画や映画館というものが置かれている状況を表しているのですね。

今、「高校生に映画を見せよう!」という企画が、各地のミニシアターで計画されています。
当館は、まだその企画が立ち上がっていない状況なのですが、
来年度はなんらかの企画を立てようと思っています。

そういう企画に参加してみたい!と思われる方いらっしゃいましたら、
ぜひご連絡ください。
大学生の方、もちろん高校生なら大、大、大、大大歓迎!!!です!



















2011⁄12⁄16(Fri) 17:56   未分類 | | | ↑Top

| HOME |

プロフィール

forzasogawa

Author:forzasogawa
FC2ブログへようこそ!

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

ブロとも申請フォーム

↑Top



Copyright © 2011 フォルツァ総曲輪日記. All Rights Reserved.

 Template by nekonomimige Photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。