スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄--(--) --:--   スポンサー広告 | | | ↑Top
いつもと違うフォルツァ総曲輪なんです!その4


今度は、カフェコーナーに展示中の中原淳一のイラストと本2冊。

中原淳一のことを、私自身は知らなかったのですが、
この絵を見れば、子どもの時に挿絵や雑誌の表紙で見たことを思い出しました。
1920年代から、少女向けの雑誌「ひまわり」「ジュニアそれいゆ」
ちょっとお姉ちゃん向けの「それいゆ」そして「女の部屋」などの雑誌を発行していた方で、
これらの雑誌は当時の少女たちのあこがれの的だったようです。

このことはあまり詳しくないので控えますが、
なぜ中原淳一なのかというとちょっとした偶然です。

「シェルブールの雨傘」「ロシュフォールの恋人たち」上映の前に、
30代の女性数名に試写をして、いろんな感想と意見をいただきましたが、
その中で、’60~’70年代のファッション雑誌などが置いてあるといいね、
という意見がありました。
でも、そういう雑誌を手に入れるのはとても難しい・・・どうしようかな、
と思っていたときに、NHKの「日曜美術館」を見ていましたら、
銀座松屋で開催される中原淳一展を紹介していました。
その絵は懐かしさと同時に、今でも充分通じるファッションセンスであふれていました。

naka2b


そして、さっそく東京に行った折にこの展覧会を見てきて、これだ!と思った次第。
まさに’60~’70年代のファッションが満載の絵本がありました。
映画とは直接関係ないのですが、これはこれでとってもすてきなのです。
この展覧会で展示されていた人形のすばらしかったこと!
会場は、少女の頃を懐かしむシニアの方、若い女性の熱気があふれんばかりで、
本当に多くの女性でにぎわっていました。
いつか富山でも展覧会があるといいな。



スポンサーサイト






2009⁄05⁄05(Tue) 15:46   未分類 | | | ↑Top

| HOME |

プロフィール

forzasogawa

Author:forzasogawa
FC2ブログへようこそ!

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

ブロとも申請フォーム

↑Top



Copyright © 2018 フォルツァ総曲輪日記. All Rights Reserved.

 Template by nekonomimige Photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。