スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄--(--) --:--   スポンサー広告 | | | ↑Top
映画業界も厳しいです


先日、東京出張で配給会社を4社回り、試写の後担当の方に挨拶と
計5社の方とお話しをしてきました。

大企業の倒産と違い、大きく報道されることもないので、
みなさんが知る機会はほとんどないと思いますが、
2009年は、実はかなり配給会社がなくなっているのです。
もともと、浮き沈み激しい業界で、会社の名前が変わったり、
吸収合併、逆にある会社の子会社として生まれたりすることは
よくあるようですが、それにしても、あ、あの会社が・・・ということが
起こっていたのです。

ひょっとしたら、あれ?あの会社の映画を最近見ないな、
と気がつかれる方もいらっしゃるかもしれませんね。
本当に映画業界もこの不況の中、厳しい経営を余儀なくされているのです。

それにしても、
とにかく各社営業の方にお会いして思うのは、
やっぱり本当に映画が好きな方たちばかり、ということ。

私も短い期間ですが、そのような会社の方たちと
フィルムの手配などでお話しをしていたのですから、
なんとも言えない悲哀を感じてしまいます。

私のようなほぼ素人が、何の因果か?この仕事を始めましたが、
そのような方たちお会いするたびに、映画を上映する場所にいるものとして、
一生懸命その方たちの思いを届けないといけないな、と改めて思いました。

そんな中、直接伺ってこれからの作品などのことをお聞きすると、
あ~、早くみたいな~、と思うものばかりで、ワクワクしてきます。

今年で丸3年のフォルツァ総曲輪。
やっと各配給会社さんから、それなりの認知をいただけるようになった、
と感慨深いものがあった、今回の出張。
これからも2ヶ月に一度くらいは、試写に行こうと思ってます。
これは!という作品は、いち早く皆様にお知らせしていきますね!

今回の試写は「優しい嘘と贈り物」という作品でしたが、
配給のピックスさんは、
「マルタのやさしい刺繍」「人生に乾杯!」とで
老人3部作と銘打ってます!と言ってました(笑)

長い間孤独に生きてきたと思っているロバートが、ある日美しい老婦人のメアリー
と出会い、いつしか二人はなんと恋に落ちる。が、実はロバートとメアリーは
本当の夫婦。認知症の夫に思い出して欲しいと仕組んだ嘘だった・・・

身につまされて、ちょっと胸が痛くなるようなお話しですが、
なんとも可愛らしく、優しいあたたかな映画です。
時期は未定ですが、どうぞお楽しみに!

muro













スポンサーサイト






2010⁄01⁄24(Sun) 16:07   シネマホール | | | ↑Top

| HOME |

プロフィール

forzasogawa

Author:forzasogawa
FC2ブログへようこそ!

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

ブロとも申請フォーム

↑Top



Copyright © 2018 フォルツァ総曲輪日記. All Rights Reserved.

 Template by nekonomimige Photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。