スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄--(--) --:--   スポンサー広告 | | | ↑Top
上映時間帯


今上映中の「ペルシャ猫を誰も知らない」は、本当にいい映画だと思う。
2009年の東京フィルメックスの審査員特別賞受賞だし、
同年のカンヌ国際映画祭<ある視点>部門特別賞だってもらってる。
当館のご常連で映画通のYさんが、「今年観た中でNO1だ!」
と言うくらいすごい映画なんです!!!(笑

受賞したことももちろんすばらしいけど、
ユーモアに包まれた悲しさとか、
音楽をやりたい若者たちのがむしゃらな一途さや、
撮影そのものも警察の目をくぐっての、まるで綱渡りのような切迫した様子が伝わってくる、
何かよくわからないエネルギーにあふれている。

ライブをするのに政府の許可が必要とか、
自由な撮影もできない国イラン。
でもなにより、とにかく音楽が好き! 歌っていたい!っていう
純粋な情熱がストレートに伝わってくる。
だからこそ、音楽そして自由を渇望する若者たちの姿と
自由になんでもできる日本の若者と、どうしても比べてしまうのは、
何かあると、今の若い人は・・・みたいなものとは、違うんですよね。
でも、日本の若者は幸せなんです。これだけは言いたい。

音楽を志す日本の若者にもっと見てもらいたいな、
と思うと、あ~上映時間帯を間違えてしまったと反省。
若者に観てもらうには、やっぱり夜の時間だよね・・・

でも、これってひょっとしたらおばさんの余計なお世話になってしまうのかな・・・

とにかくいい映画ですので、観に来て下さいね~
3日は水曜日ですが祝日なので営業します。

muro






スポンサーサイト






2010⁄11⁄01(Mon) 15:52   シネマホール | | | ↑Top

| HOME |

プロフィール

forzasogawa

Author:forzasogawa
FC2ブログへようこそ!

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

ブロとも申請フォーム

↑Top



Copyright © 2018 フォルツァ総曲輪日記. All Rights Reserved.

 Template by nekonomimige Photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。