スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄--(--) --:--   スポンサー広告 | | | ↑Top
いや~な女が変貌する時


「Ricky」のあの赤ちゃん、ポスターで見てるだけでも、
本当にカワイイ!! けど、カワイイだけじゃなくって、
なんでも知ってるんだゾっていう、
ちょっとふてぶてしいというか、とにかくただの赤ん坊じゃないって雰囲気ありますよね。
映画の中のRicky坊やはやっぱり普通の赤ん坊で、普通にカワイイ!!
とはいっても、赤ちゃんの背中に羽が生えてくる、っていうお話なので、
背中が切れて、そこから羽が生えてくるんですけど、
血も出たりするし、この羽が結構リアル!

最初は羽じゃなくて、肌色のまるで手羽肉(笑)のような筋肉?をぎこちなく
動かしていて、それがだんだん少しずつ羽が生えてきて、最後にはバッサバッサと
動かして飛び回るようになってくるんですよー
まさに、人間から天使?に変貌する感じ。
さてさてこのRicky坊や、どうなるんでしょうか!


変貌と言えば、「愛する人」の二人の女性。
14歳で妊娠し出産したカレン、母親はその赤ん坊を養子に出してしまう。
カレンは、その後母親に素直になれず、母親との関係に悩みながら、
養子に出された娘をずっと思い続けその思いを、
あて名のない手紙に書きつづる。

一方、養子に出された娘のエリザベスは、優秀な弁護士として
自立し、結婚は考えず孤独に生きている。

この二人の女、最初はどちらもと~~ってもいやな女だ。
カレンは、とにかく家政婦や職場の同僚にも、とげとげしくて、
人の親切も素直に受けることができない。
母親に対しても素直に接することができず、そんな自分にまたイライラしている・・
まさにヒステリーおばさん、と思えば、
娘のエリザベスも、仕事は抜群にできるキャリアウーマンだけど、
男を手玉にとって楽しむというか、本当にいやな女だね。

ところが、この二人に転機がおとずれ変貌していく・・・

そして、この二人が娘への想い、母への想いに素直になった時に
見せる悲しさと孤独を抱えてきた二人のもろくて心が折れそうな姿。
ナオミ・ワッツとアネット・ベニングの渾身の演技には、泣かされます。
この瞬間がこの映画ではとても大切な見所になると思う。

この映画でも、やっぱり子供は大きなキーになっていて、
女にとって、子どもへの愛は切ないほどのものなんですよね。
久しぶりに、こんな母と娘の愛をストレートに描いた映画という感じです。
私自身一人娘だったし、私も一人娘を持っている身としては、
なんだか切実なテーマだし、よ~くわかるなあ。










スポンサーサイト






2011⁄05⁄17(Tue) 17:59   シネマホール | | | ↑Top

| HOME |

プロフィール

forzasogawa

Author:forzasogawa
FC2ブログへようこそ!

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

ブロとも申請フォーム

↑Top



Copyright © 2018 フォルツァ総曲輪日記. All Rights Reserved.

 Template by nekonomimige Photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。