スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄--(--) --:--   スポンサー広告 | | | ↑Top
映画月間!!「ル・アーヴルの靴みがき」


フォルツァ総曲輪では夏に向けてとても楽しみな作品が多いです!
「ロボット」「ル・アーヴルの靴みがき」「明りを灯す人」などなど…
(ちなみに今上映中の「生きてるものはいないのか」必見です!引き込まれますよ!)
それで、個人的かつ勝手に

「6月は映画をたくさん観る月」
にしよう、と思い立ちました!

月15本・2日に1回ペースを目標に、とにかく映画を観る。
ということで…勝手に映画を観る月間スタート。

今月1本目は
「ル・アーヴルの靴みがき」 
監督:アキ・カウリスマキ
LEHAVRE_sub1.jpg
©Sputnik Oy photographer: Marja-Leena Hukkanen

期待通り、素晴らしい作品でした!

カウリスマキ監督といえば・・・
この「ル・アーヴルの靴みがき」がロッテルダム国際映画祭に招待され、
トークショーを行なったものの、遅刻した上に、
ほろ酔い状態でトークショーに現れ、
司会者から「この質問に答えたらビールをあげるから!」とアルコールをエサに
なだめられながら、30分予定されていたトークショーを5分で切り上げた
(観客からのブーイングで)お茶目な彼です。きっといいやつです。
「私はそんな特別な存在じゃないんだけどな・・・」などと壇上で呟いていたそうです…。

僕はこの映画が、とにかく好きです。
一見動きがない、退屈なようなカメラワークですが、無駄がなく、
人物たちをまるで絵画のように切り抜いて、
飽きることなく観ることができました。

物語のラストに拍子抜けしたような、不満を感じる人もいるようですが、
自分は納得して観ることが出来ました。映画だから、いいじゃないか、と思ったのです。
キャッチコピーの通り、「心を磨けば奇跡は起こる」、いいことしたんだから、
神様がご褒美くれたっていいだろう、と思わせてくれました。

すっと別の世界に連れて行ってくれて、
劇場を出る頃には、少しだけ温かい気持ちで、軽やかに現実に戻ることができる、
そんな映画です。

とにかくこの映画は好きでした、2回観ました。
スクリーンでまた改めて観たいなと思います。

K介
スポンサーサイト






2012⁄06⁄03(Sun) 20:59   未分類 | | | ↑Top

| HOME |

プロフィール

forzasogawa

Author:forzasogawa
FC2ブログへようこそ!

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

ブロとも申請フォーム

↑Top



Copyright © 2018 フォルツァ総曲輪日記. All Rights Reserved.

 Template by nekonomimige Photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。