FC2ブログ
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄--(--) --:--   スポンサー広告 | | | ↑Top
新藤兼人監督95歳にして枯れない映画作りに脱帽!


新藤兼人監督はなんと95歳にして現役。
昨年、おっと一昨年になりますが、「陸に上がった軍艦」に続き
昨年は「石内尋常高等小学校 花は散れども」のメガホンをとり、
その枯れない映画作りには、本当に脱帽です。

きっと「尋常高等小学校」という呼び名に、おもわずタイムスリップして、
懐かしく、どこかほろ苦い思い出いっぱいの、子供時代を思い出されるのでしょう。
ご年配の方たちが、グループで観にいらっしゃいます。

かすりの短い着物に坊主あたま、そして女子はみんなおさげ髪。
先生は、なんだかいつもまっ四角な姿勢で、とても厳しい。
でも、ちゃんと子供たち一人ひとりの家のことや、経済状況なども
ちゃんと見てくれて、考えてくれている。
だから、子供たちは、どんなに先生に大きな声で叱られても、
先生を嫌いになったりしない。
先生も、そんな子供たちを大きな愛情で見守ってくれている・・・

ああ、日本もこんな時代があったんだなぁと、つくづく思ってしまう。

新藤監督も、もう80年近く前の子供時代を、
もうぜったいに戻れない日本の姿とともに、貧しかったけれども、幸せな時代であったことを、
懐かしく、そして切ない思いをこの映画の中に描きたかったのでしょう。

もちろん、大人になってからの、切ない恋の出来事も・・・・

笑いあり、涙ありのこんな時代だからこそ、見て欲しい優しさあふれる映画です。
muro








スポンサーサイト






2009⁄01⁄22(Thu) 22:05   シネマホール | | | ↑Top

| HOME |

プロフィール

forzasogawa

Author:forzasogawa
FC2ブログへようこそ!

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

ブロとも申請フォーム

↑Top



Copyright © 2018 フォルツァ総曲輪日記. All Rights Reserved.

 Template by nekonomimige Photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。