スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄--(--) --:--   スポンサー広告 | | | ↑Top
コッポラからの招待状


本日から「コッポラの胡蝶の夢」が上映されます。
「ゴッド・ファーザー」、「地獄の黙示録」などの大作を撮ってきた
フランシス・フォード・コッポラのルーマニア文学作品の映画化です。
とても素晴らしい映画だと個人的に思うので
ぜひお仲間をお誘いあわせの上、劇場に足を運んでいただきたいです。

晩年を迎える言語学者ドミニク・マティは
生涯をかけた研究も未完成のまま、
恋人とも別離し、あとは孤独な死を待つのみだった。
そんな老人がもし人生をやりなおせるとすれば、
この老人は一体どんな人生を送ることができるのか?

この問いから、この映画は始まります。
そしてコッポラは映画の中で、この問いに対して答えを提示します。
(もちろんここでは言いません。)

そしてその答えにドミニクが辿り着くまでを
丁寧に、うまくひとつのドラマにまとめて描いています。
それがおもしろい映画です。

逃亡劇あり!哲学あり!ラブロマンスあり!
サスペンスあり!エロチックあり!ホラーあり!
様々なジャンルの映画が観たい人にもこれ一本で全て対応!!
そんな映画でもあります。
(さすがにコメディはありませんが…)

僕はこの映画を見て、
一体なにが現実で、なにが夢なのかを疑うようになりました。
過去が夢で、今だけが現実とか
過去が現実で、今が夢という風にも思えてきてしまいます。
それくらい、不思議な映画でもあります。

あと、この映画は二人以上で来ることをお勧めいたします。
映画を観終わったあと、二人で観たことを話し合ってみると
脳にもいいし、お互いの交流にもいいからです(笑)
「なぜあいつはあのシーンであんな選択をしたのか?」とか
「あのシーンが納得いかなかった。」とか
「あのセリフがよく分からなかった。」
「あれはこうこうこうだからあのセリフなのよ」などと言った感じです。
僕はいつもこういう風に友達と話し合って
映画の中の謎々を解いていきます。
彼女や彼氏、大切な人と見に来るといいかもしれません。
話し相手がいない場合は受付にいる僕にぜひお声をかけてください。

それでは、夢と現実が交錯するカルチャーワンダーランドで
お待ちしております。

あと、14日に(もうフォルツァでの上映が終わった日ですが)
衛星第二で「ゴッド・ファーザー partⅠ」の放送もありますので、
コッポラ映画をもう一度見返してみるのもいい機会になるかもしれません。

saeki
スポンサーサイト






2009⁄02⁄02(Mon) 13:30   未分類 | | | ↑Top

| HOME |

プロフィール

forzasogawa

Author:forzasogawa
FC2ブログへようこそ!

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

ブロとも申請フォーム

↑Top



Copyright © 2018 フォルツァ総曲輪日記. All Rights Reserved.

 Template by nekonomimige Photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。