スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄--(--) --:--   スポンサー広告 | | | ↑Top
桜坂劇場に行ってきました


3,4日と、沖縄は那覇にある桜坂劇場に視察に行ってきました。
小松発8:55の飛行機が故障し、結局羽田経由、那覇に着いたのは午後の3時半。
4時間遅れて到着しましたが、前日からの先発隊と合流し、
国際通りの裏手の方にある桜坂劇場へ。

なぜわざわざ沖縄の桜坂劇場に視察に行くのか、と思われるでしょう。
この劇場は、「ナビィの恋」「恋しくて」などの中江裕司監督が経営する劇場で、
一度閉館した劇場を新たなコンセプトでリニューアルオープンしたのが2005年。
3スクリーンにカフェ、アート雑貨、古書店などもあって、
市民大学として各種講座がなんと100講座!

しかも年間10万人が来場すると言う、とんでもなくすごい劇場なんですよ。
ということで、とにかく以前から行ってこの目で見てきたいな~と思っていたわけです。
それで、そういう熱い願いが聞き届けられて、視察出張となりました!

しかし、15時半に那覇に着き、翌日15時半に那覇を発ち小松に戻ると言う、
那覇滞在時間キッチリ24時間というかなりなハードスケジュールでしたが・・・
しかし、文句は言えません! 本当にラッキーでした!

滞在時間24時間でも、やっぱり実際に行って見てみるのと、
写真やHPを見るのとは違いますね。

ちょうど「マルタのやさしい刺繍」上映中で、大ヒット中ということでした。
おそらく、4月頃に再映すると思いますとのこと。
やっぱりね~。

外のテラスに座って暖かな陽射し(23度ですよ!)を浴びながら、
読書したり、中のアート雑貨をゆっくりと見ていたり、カフェで市民講座を終えた方たちが
おしゃべりに花を咲かせていたり、そんなところになんとあの平良とみさんが現れて。
彼女は、講座の一つ「沖縄の心<ウチナーグチ>」をご主人の平良進さんと
講師をされているのです。

とにかく、表の国際通りの喧騒を離れて、ゆったりと過ごせる空間と、
何か新しいもの、面白いもの、すてきなものに出会えるような、
そんなワクワク感に満ちた劇場です。

ここまで言えば、私たちがなぜ沖縄まで視察に行きたいと思ったのか
お分かりいただけると思います。
正直言ってこういう劇場は、東京でもなかなかありません。

フォルツァ総曲輪がリニューアルオープンしてもうすぐ2年。
まだまだ自分たちが満足できる劇場にはなっていません。
ということは、お客様にはもっと満足されていないということです。

今回の視察を活かすべく、すぐできることはやるつもりですし、
若干時間がかかることもあります。が、少しずつでもめざす方向に向け、
動いていきたいです。
そう思うと、やらないといけないことがいっぱいだな~。
でもそういう苦労は、あんまり苦にならないけどね。

muro











桜坂劇場
スポンサーサイト







2009⁄02⁄08(Sun) 18:41   シネマホール | | | ↑Top

| HOME |

プロフィール

forzasogawa

Author:forzasogawa
FC2ブログへようこそ!

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

ブロとも申請フォーム

↑Top



Copyright © 2018 フォルツァ総曲輪日記. All Rights Reserved.

 Template by nekonomimige Photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。