スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄--(--) --:--   スポンサー広告 | | | ↑Top
生きること。老いること。そして死ぬこと。


「ヤング@ハート」は、返金年齢80歳のロックコーラスグループ。

最近、全くの素人の高齢者や中高年が演劇に挑戦し、
苦難の末?初舞台を踏む、というドキュメンタリーが何作かあります。

その中の老人や、中高年のオジサン、オバサンたちが、
これまでと違う自分に出会ったことの新鮮さや驚きがそのまま喜びとなって
画面にあふれてきます。
そんなドキュメンタリーもぜひ皆さんに観て頂きたいと思っています。

その中でこの「ヤング@ハート」に出てくるジイチャン、バアチャンは、
本当にすごいです。
88歳でザ・クラッシュの「Shuld I Stay Or Shuld I Go」を堂々と歌うのって、
信じられますか?

脊柱狭窄で、立っていることもつらい75歳のスタンはジェームズ:ブラウンの「I Feel Good」
を歌う。その歌のパートナーは83歳のドーラ。

でもやっぱりなかなかリズムに乗れなかったり、歌詞が覚えられなくて落ち込んだり、
そして、途中メンバーの人気者二人がこの世を去っていくと言う悲しい出来事があったり。

でも、歌うことを諦めない。歌うことで彼らは生きている。
そして、どんな時もユーモアも忘れず、チャメッケたっぷりな彼らの言葉には、
年を取ることもすてきだな、と思わせる。

それもそのはず、彼らはおそらく第二次世界大戦、ベトナム戦争なども
きっと経験している。若い頃はきっと苦労もしただろう。
そんなことを微塵も感じさせないけど、歌う歌が、全く違って聞こえてくる。
その味わいの深さに、こころが揺さぶられる。

もう一つ気がつくのは、アメリカの高齢者に対する尊敬の念。
刑務所でのライブ、そして最後のライブシーンでは、
観客がちょっと心配げで戸惑った表情を見せながらも、
コーラスが始まるや否や、参った!という表情や、ちょっと涙ぐむような表情。

とにかく笑って笑ってそして泣いてください!






スポンサーサイト






2009⁄03⁄28(Sat) 20:58   シネマホール | | | ↑Top

| HOME |

プロフィール

forzasogawa

Author:forzasogawa
FC2ブログへようこそ!

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

ブロとも申請フォーム

↑Top



Copyright © 2018 フォルツァ総曲輪日記. All Rights Reserved.

 Template by nekonomimige Photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。